「冷凍鍋」?! 冷凍食材で、うまみたっぷり鍋をどうぞ

冷凍生活アドバイザー西川剛史の「西川式ホームフリージング」!

食材別の冷凍方法、活用メニューをご案内いたします。

本日のテーマは「冷凍鍋」

冷凍鍋とはキンキンに冷えた鍋を凍えながら食べる・・・

ではなくて!冷凍した食材や冷凍食品を活用したお鍋のことです!

例えば

・冷凍きのこ

・冷凍しじみ

・冷凍トマト

これらは冷凍することでうま味成分がアップする素材と言われています。

繊維が崩れてうま味が外に出やすくなるので、水をはったお鍋に凍ったまま入れて火にかけると、食材のうま味がしっかりダシとして味わえます。

トマトは昆布と同じグルタミン酸を豊富に含むので、洋風に限らずお鍋やお味噌汁とも相性はいいですよ!

しっかりうま味がでるので、塩や醤油などのシンプルな味付けでも美味しく召し上がれます。

最後に冷凍ミニトマトを加えて、具材としてもお楽しみください。

ちなみに冷凍鍋のメリットとしては、ズバリ、冷凍庫内の棚卸し!!

冷凍食材を使わないでずっと保管してしまう方も多いとは思いますが、しばらく使っていない冷凍食材は冷凍鍋に利用しましょう!一度にたくさん消費できるので、冷凍庫の整理にもなります。冷凍とはいえ、古いものから順番に早めに消費することが大切です。

お鍋のシメはやっぱり冷凍うどんですね!

しっかりダシを吸いながらも、コシのある食感が最高です!

この冬は冷凍鍋で体を温めて、元気に過ごしましょう!

是非お試しください。

 

◎冷凍生活アドバイザー西川剛史の著書「もっとおいしくなる 超・冷凍術」はこちら

fb_vefroty_20160917_2-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

◎冷凍生活アドバイザー資格養成講座はこちら
220x160px

コメントを残す Comment

*

Share