冷凍食品News

2023年を振り返って 年末恒例  エフエフプレス今年の冷凍食品新商品ベストテン♪

2023年、冷凍食品と冷凍の世界でもいろいろありましたね。
先日、冷凍王子、西川剛史さんが「2023年冷凍食品トレンド大賞」を発表しましたが、第1位の大賞は「冷凍食品値上げ」でした。同大賞は、冷凍食品業界関係者を対象にアンケート調査を実施した結果のランキングです。業界人にとってかなり厳しい年だったのだなぁと実感いたしました。

同第2位が「物流2024年問題」、これも今から悩ましい問題。ドライバーの労働時間制限に備えた対応が今年も進められました。そして第3位が「冷凍自販機ビジネス拡大」です。あれ?商品まわりの話題は?というと、最上位が5位の「冷凍ラーメン戦争」、なのでした。

さてさて、1年をしめくくる、エフエフプレス大晦日恒例、冷凍食品ジャーナリスト山本純子による今年の家庭用冷凍食品新商品ランキング。これは驚きだ、これは新しい、これは文句なくおいしい!と感じたベストテンです。

それでは、じらすことなく、おきて破りの1位からの発表です

★第1位 オーマイプレミアム 至極のたらこ(ニップン)

これはびっくり、でしたね。ごろごろとふんだんに入った焼たらこ、生風味たらこソースの2種類が楽しめる、贅沢パスタ。たらこに合う1.8mmの太めパスタもおいしいです。もう冷凍パスタは具材が少ない、だなんて言わせない!という力のこもった逸品。

実は1位、2位迷いましたが、12月21日にTBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」に出演した際、1位、2位とも大絶賛だったのですが、スーさん、近藤夏子アナが、もうこれでいい!と「至極のたらこ」を絶賛されて、我が意を得たりと1位に選出いたしました。

ちなみに、冷凍食品マイスター、タケムラダイさんの推しは、同シリーズでは「至極のボロネーゼ」です。

★第2位  白チャーハン(味の素冷凍食品)

秋発売の新商品の中でも、最も店頭に導入された商品になったと思います。味の素グループのアミノ酸関連技術により、おいしさを犠牲にしない40%減塩を実現した逸品です。本当に普通においしい炒飯として食べていただけます。

「健康日本21(第3次)」(2024年度から、厚生労働省)では、1日当たりの食塩摂取量をさらに1グラム少ない7グラムに変更します。時代のニーズを捉えた新商品です。

★第3位 冷凍 日清本麺 ワンタン麺(日清食品冷凍)

日清の本気の開発「生麺ゆでたて凍結製法」~『日清本麺』の定番3品目「ワンタン麺」。

おいしいワンタンが開発できたので、ワンタン麺!って新商品コンセプトが良かったです。実際、とてもおいしい、皮がとぅるんとしたワンタンです。最初はおいしいワンタン4コ入りでしたが、、、

2024年秋は、『日清本麺』シリーズのリニューアルに伴い、ワンタン麺のワンタンも、海老ワンタン2個・肉ワンタン2個に♪

★第4位 超メンチカツ(ニチレイフーズ)

食卓向け惣菜として、ガツンとした味わいのメンチカツ。ニチレイフーズの「超メンチカツ」。

惣菜ゲンコツメンチの再現のために、トレイまで工夫してサクサク感を実現した点にシビれました。

★第5位 EASE UP 魯珈監修 ろかプレート(セブンイレブン)

大手メーカー商品ではなく、セブンイレブンPBでベンダー工場製造なので、販売が短期間という可能性も大なのですが、とてもおいしかったのでランクイン♪ 監修商品は、冷凍食品を通じてお店に行ってみたい、という動機にもなりますね~

★第6位 大阪王将 暴走背脂にんにくぶた餃(イートアンド)

イートアンドフーズの商品ネーミングは、いつも楽しくおもろいですが、この「大阪大生賞 暴走背脂ニンニクぶた餃」もしかり。ランキングインなのは、パッケージ写真のように、”ラーメンの具”という新提案。しかもおいしいのです。ラーメンの具、うどんの具といった商品、もっと出てほしいなぁ。

★第7位 至福の味わいチキンライス(ニッスイ)

ニッスイ「至福の味わいチキンライス」を新商品発表会で試食した時、あぁうまい、腕が良くて評判の洋食屋さんの味わいだと思いました。そう感じさせる要因は、ニッスイの特許技術を採用して、良い香りを閉じ込めているから。550gというサイズが、1/2袋で満足感ある重量、というコンセプトも良いと思います。

★第8位 香ばし麺の五目あんかけ焼そば(ニチレイフーズ)


秋に発売して好調なニチレイフーズの「香ばし麺の五目あんかけ焼そば」。先輩のマルハニチロ「新中華街 五目あんかけ焼そば」と一緒に売場に並んでいるのを見ると、「ギョーザ」と「羽根つき餃子」が共に伸びて市場全体を拡大していった経緯に結びつきます。焼そばマーケット拡大に期待します。

★第9位 らぁ麺やまぐち監修 まるぐ 鶏コク醤油ラーメン(テーブルマーク)


テーブルマークの『まるぐ』ラーメン。具の満足感を追求した監修商品。TVCMも投入して、発売直後から店頭が賑わいました。冷凍食品のラーメンを知らしめた功績も大です。

第10位 自販機販売対応パスタ(日清製粉ウェルナ)

日清製粉ウェルナの冷凍自販機販売対応パスタ「トレイ・フォーク付き 冷凍レンジ用パスタ」。産業給食(社員食堂)向けのプロジェクトなので、業務用カテゴリーかなぁ?と悩みながらも、食べる人が作る、という商品設計が家庭用商品と同様と考えてのランクイン。

2021年1月から登場して話題の冷凍自販機は、こんなマーケットも開拓できるんだという具体的な事例を広く発信して、心にグッときました。

ということで、今年の新商品も話題満載でした。
来年も楽しみですね。
では、皆さま良いお年をお迎え下さいませ。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA