凍ったまま食べるアボカドアイス!?

冷凍生活アドバイザー西川剛史の「西川式ホームフリージング」!

食材別の冷凍方法、活用メニューをご案内いたします。

本日のテーマは「冷凍アボカド」

 

アボカドが冷凍できるの!?と思われる方も多いと思います。

アボカドは美味しく熟した状態は日持ちしないので、冷凍がおすすめです!

方法はアボカドを丸ごとラップして、冷凍用保存袋に入れて冷凍するだけ。

アボカドは冷凍すると、解凍した時に繊維が崩れてやわらかくなります。

そのため、アボカドディップなどを作るときには便利になります。

 

しかし、今回ご紹介するのはアボカドを少しだけ解凍して、半解凍のまま食べるという方法です。

包丁が入る程度に軽く解凍します。

このアボカドにハチミツをかけたら完成!

アボカドは脂肪が多く食感が滑らかなので、凍った状態だとアイスクリームに近い食感になります。

この食感とアボカドの味わいが、天然素材のアイスクリームとして楽しめます。

ハチミツではなくオリーブオイルなどでサラダとしても楽しめます。

これから暑くなる時期に是非お試しください♪

 

◎冷凍生活アドバイザー西川剛史の著書「もっとおいしくなる 超・冷凍術」はこちら

fb_vefroty_20160917_2-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

◎冷凍生活アドバイザー資格養成講座はこちら
220x160px

コメントを残す Comment

*

Share