とろっとろのしんなり冷凍長ネギ。時短加熱ができるから便利

冷凍生活アドバイザー西川剛史の「西川式ホームフリージング」!

食材別の冷凍方法、活用メニューをご案内いたします。

本日のテーマは「長ネギ」

今では一年中食べることができる長ネギですが、旬は冬になります。

冬の寒い時にじっくり育てることで、糖度が上がり、甘くとろっとした美味しい長ネギになります。

そんな甘みがあってとろっとした長ネギは、やっぱりお鍋に入れると美味しいですよね!

 

そして長ネギもやっぱり冷凍がおすすめです!

冷凍によって単に日持ちがするだけではなく、冷凍することで繊維が崩れやすくなるので、短い加熱でもすぐにとろっと柔らかくなります。

もちろん鍋にも凍ったまま長ネギを入れたり、フライパンで炒めても、すぐに柔らかくなるので時短にもなりますよ!

斜めに厚切りにして、保存袋に入れて冷凍するだけ。

お鍋、炒め物、おみそ汁、いろんな料理に使えますので常備しておいて間違いなし!

 

凍ったままフライパンで炒めると、すぐに柔らかくなりとろ~とした食感と甘みが楽しめます。

私はこれをパスタにするのが好きです。

是非お試しください。

 

◎冷凍生活アドバイザー西川剛史の著書「もっとおいしくなる 超・冷凍術」はこちら

fb_vefroty_20160917_2-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

◎冷凍生活アドバイザー資格養成講座はこちら
220x160px

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share