メインから揚げ!前日少しの準備で朝は手間なしお弁当

冷凍生活アドバイザー養成講座 講師の西川剛史です!

お弁当に冷凍食品は欠かせない!という方、多くいらっしゃると思います。そこで、冷凍生活アドバイザーの資格講座第1期生である野菜ソムリエプロの増田智子さんに、主婦目線で冷凍食品を選んでもらい、子育て真っ最中のキッチンから、冷凍食品を使った簡単!お弁当作りを実践してもらう企画を考えました。まずは第一弾。お!王道のから揚げでした。

みなさまこんにちは!

野菜ソムリエプロで冷凍生活アドバイザー養成講座1期生の増田智子です。

日頃は野菜や果物の魅力を発信しつつ、子どもたちと一緒にお料理やお菓子作りを楽しんでいます。

これから、冷凍食品を使っての簡単!お弁当作りを紹介していきますね。

最近の冷凍食品はとても進化していてびっくり!美味しくて便利なものもたくさん!

主婦の私もかなり利用させてもらっています。

 

今回利用したのは 『ニチレイ 若鶏の唐揚げ「特から」』。

よく利用するスーパーマーケットでは4種類くらいの唐揚げ商品がありましたが、大手メーカーの中でも一番お得だったものを選んでみました。

内容量はなんと415g!どれくらいの大きさの唐揚げが入っているか気になりますよね!?

いくつか計ってみると…大体35g前後くらいで、小さめのものは30g弱、大きいものはなんと!50g近くのものもありました。

大小とりまぜて、13個ほど。ボリュームたっぷり!

そして、密封チャックつき!

お弁当など小出しに使う時に便利ですよね。

 

今回のお弁当は、いかに手間を省けるか!をテーマに考えました。

お弁当作りのために早起きするのはつらいですよね。朝の弱い私はなおさらです。

そこで、あらかじめできる準備は前夜にしておいて、朝は電子レンジでチン!と詰めるだけに。

*白米(白ゴマかけ)

…あらかじめ炊いて一食分ずつ冷凍しておく。朝は電子レンジで温める。

*「特から」

…袋に書いてあるとおりにレンジで温める。

*ピーマンのおかか炒め

…前日準備。千切りにしたピーマンをゴマ油で炒めて、めんつゆ、おかかで味付け。

*レタス

…前日に洗って、詰めるだけの状態にしておく。

*ゆでウズラ卵

…ゆでてむいておく

*ミニトマト(赤・オレンジ)

…前日に洗ってスタンバイ。

*ブドウ(藤稔)

…果物は欠かさず入れることことにしています。こちらも洗っておく。

 

やっぱり唐揚げには白米が合いますね。特にこの唐揚げは味付けがしっかりしているので大人の男性も大満足でしょう。

夕飯にちょっと一品足りないという時も助かりますね。

 

一工夫するならば

唐揚げをレタスで包み、おにぎりの具に。大葉もさわやかでいいですよ。

大きな唐揚げの時は、半分に切ると食べやすいです。

 

こんな、唐揚げ弁当はいかがでしょうか?

 

野菜・果物は旬を感じるので、意識して入れています。

果物も忘れずに。

 

家族のために作る、愛情弁当。

食べる人が蓋を開けた時の顔を想像して作っています。

 

家庭での…しかも朝からの揚げ物はなかなか大変だと思います。

母も程よく手を抜きつつ、冷凍食品も上手に使って、おいしくて愛情たっぷりの弁当。

ぜひ作ってみてくださいね

 

以上、野菜ソムリエプロ、冷凍生活アドバイザーの増田智子でした。

 

美味しそうなから揚げお弁当でしたね!

手間は減らしつつも、愛情はたっぷりと!

ぜひ参考にしてください♪

 

冷凍生活アドバイザー養成講座

監修・講師

西川 剛史

http://vefroty.co.jp

コメントを残す Comment

*

Share