2016を振り返って、ニューフェイス冷凍食品のベストテン!

2016年大晦日。1年を振り返ると、冷凍食品業界にとって良い年であったと思います。

手前味噌ですが、、「マツコの知らない 冷凍食品の世界」(5月31日放送)効果で、冷凍食品は保存料をつかわず、味も栄養もそのまま保つすばらしい食品だとご理解いただけた方々も多くいらっしゃるようで、嬉しいこと。

先日、日本冷凍食品協会から発表された今年の国内生産量見通しは、153~155万t、前年比1~2%増でした。155万tは過去最高値(2013年)。実は、2014年、2015年は2年連続マイナスで、やっとV字回復(たぶん)です。

フランスから冷凍食品専門店「Picard(ピカール)」も本格上陸して、冷凍食品は大注目。

なんかピカールのおしゃれな雰囲気ばかりがメディアで取り上げられていますが、業界キャリアの長い人々にとっては、いよいよだな~ワクワク♪なのです。

と、しみじみしてばかりではなく、山本純子独断セレクトの「2016年 家庭用冷凍食品 ニューフェイス・ベスト10」いきます!!

まずは、第10位。

ニッスイの『EPA(エパ) life(ライフ)』シリーズ! 家庭用冷凍食品で初めての機能性表示食品です。中性脂肪を下げる効果、期待できます(私、山本個人的にも期待)。11月に発売されたばかりで、売場展開はまだまだこれから。2017年にパッと花を咲かせてほしい!EPAP?!春には新商品も2品加わるそうです。

次、第9位。これも12月に発売されたばかり。でも売場に並んでますねー

味の素冷凍食品の「ザ★シューマイ」。

「ザ★チャーハン」に続く第2弾!! 「わたしたちは、胃袋と心を鷲掴みにするおいしさで、日本中の男性を元気にします!」と宣言したシューマイです。まさに、男飯(おとこめし)。

売場で冷凍食品を買うのは、ほとんどが女性。自分や家族のために買います。そこに新たな方々、男性ユーザーが登場。「ザ★チャーハン」を買いにくるようになりました。なので、次はシューマイ。9個一気に、山盛り白ごはんで食べてください!なのです。

第3弾は、おそらく、から揚げ?

第8位

フローズン・アワード2016-2017の「マニア賞」に、「ガパオライス」をオススメしておきながらーなんなのですが、今年刷新してぐっと魅力を増している、これ。ニップン(日本製粉)の「五穀ごはんとハンバーグのロコモコ」。

半熟目玉焼きは、ガパオライスと同じですが、

五穀ごはん、です。白いごはんのときは、ふん、という感じだったのですが、グッドです。

実は、この「いまどきごはん」シリーズ、じわじわと私のランチを浸食中。カレーライス(五穀ごはんと野菜を食べるカレー)もお気に入り、です。

どんどんいきます。

第7位。

発表会でびっくりの、ハーフ&ハーフ!



日清フーズの「マ・マー HALF&HALF ナポリタン カルボナーラ」。もう1品、ミートソース&トマトクリームもあるのですが、好みからこちら。2つで1人前ですが、半人前ずつでも、2人前でもOKですね。

第6位は、チーリゾ!! マツコさんがあっという間に食べちゃったリゾット。

レンジでチンするだけじゃない。かきまぜて、薫り立つ!

明治の「濃厚チーズリゾット」です。ワインがパッケージにあります。そう、家飲みメニューでもあるわけです。

家飲み冷凍食品メニュー、2017年もきそうですね。

さてさて、前半5品だけでもすごいものばかりですねー

後半、ベスト5いきます。

第5位。

これはレアなアイテムなんですが、、、ほんと気に入っているので。

日本冷凍食品の「安曇野厨房 手包み わさび豚まん」。可愛いサイズなのですが、ツンときます。薄緑色の生地も秀逸。気になる方は通販でぜひお試しを。同シリーズはいろいろ他にもあります。無添加志向で中華系商品を製造してここまでうまいか!と驚けるシリーズです。

第4位は、炒飯戦争後半のスターアイテム。

マルハニチロ 「新中華街 炒飯の極み [えび五目XO醤]」です。えびぷりぷりで深い飯店の味わい。300℃の高温あおり炒めです。赤坂璃宮の譚彦彬料理長の監修。

昨年からの炒飯戦争は、シンプル炒飯(チャーシュー、卵、ネギの具)で繰り広げられましたが、五目もじわじわと人気が出てきて、極まったところに登場。ヒットしてます。

来年は春風亭昇太師匠がTVCMに出演!!

では、いよいよベスト3!!

第3位は、日清食品冷凍の「日清どん兵衛 鬼かき揚げ太うどん」

発表会での試食の瞬間からファンです。何がいいって、食べればわかる。鬼うまいかき揚げ、太めだけど、表面ふわりコシしっかりのうどん。

スープを熱湯で薄めて、そこにレンジ調理しためんとかき揚げを入れて出来上がり。氷冠製法のめん(冠型のめんの上部淵に氷。レンジ加熱で氷が水蒸気になりめんを蒸し上げる!)が良いのです。「日清のどん兵衛 鴨南蛮そば」の姉妹品です。

第2位は、春新商品。感動の1品です。

マツコさんが「一番美味しかった」と言ったメンチカツ。

ニチレイフーズの「匠御菜(たくみおかず) 特製メンチカツ。」

「フローズン・アワード」のマニア賞にも推薦しました。良い素材で良い商品づくり。大人が満足できる食卓のおかずです。大きすぎず、お弁当にも使えるハイブリッド商品です。

いよいよ、第1位。

これには敬服。

そうです、鍋焼うどん。

キンレイの「お取り寄せコレクション 鍋焼うどん」です。お店では買えない、通販専用商品。1食800円。良い素材、良い技術で良い冷凍食品を。これを忘れてはいけない、と力を込めた商品開発です。痺れます。

これを鍋に入れて加熱するだけ。

だしが違う、具が秀逸。ごちそうです。

こんな良い商品が店頭にいろいろと並んで、普通に買ってもらえるようになってほしいのです。頑張りましょう。

さてさて、長々お付き合いありがとうございました。

2017年は、いろいろな特別企画を考えています。ぜひお楽しみに。

みなさま、よいお年を!

コメントを残す Comment

*

Share