「日本中の男性にフライパンを持たせる」SLC佐藤社長、社内研修で宣言


SL Creations(エスエルクリエイションズ)のマネージャー・シュガーレディ向け講演会「佐藤塾」が9月8日、都内・一ツ橋ホールで開催されました。大阪会場に続く開催で、テーマは「男子料理」。冒頭、趣旨説明に立った佐藤健社長は、「日本中の男性にフライパンを持たせる宣言」と新規プロジェクトを発表しました。
同社では、昨年秋から、社内男性社員向けの料理教室を開催、今年5月からはBS-TBSで提供番組「料理男子のすゝめ」を放映しています。今回は、来年1月からスタートする、「男子料理」に関わる新規事業、男子料理用冷凍食品ミールキットの発売、マネージャーやシュガーレディが講師となって活躍する冷凍食品を使った男子料理教室などのプロジェクトを披露し、講演会で男子料理について学ぶ会となりました。
「いま、全ての年代で料理をする男性が増えています。でも多くの男性は料理が苦手、そこにSL Creationsのチャンスがあります。みじん切りが苦手なら、当社にはにんにく、玉ねぎはじめさまざまなみじん切り冷凍食品があります。料理初心者の食材として冷凍食品はパーフェクト」(佐藤社長)
新プロジェクト発表に続いての講演会講師は、新商品のミールキット開発に携わる、男子料理研究家の福本陽子先生(メンズキッチンスタイル代表)。

福本先生は、川崎市で男子料理教室を開いて12年。つまり、先駆者であり第一人者。延べ6500人の男性を指導、コロナ禍の2年余りはオンライン料理教室を続けています。その豊富な経験から、男子料理のイメージがかつてとは大きく変わり、好ましいこと、かっこいいことに変わったこと、料理をする男性本人も周辺の人も健康で楽しく、幸せに、意欲的になっていくことなど、さまざまな体験から語りました。


女性の視点から見ると男子料理は、「褒めて」「感謝」することがポイント。「息子が初めての料理をする時のように、優しく」対応すること、だそうです。思わず会場から笑いが起きます。

福本先生が考案する男子料理用ミールキットのポイントは4つ。
簡単に20分位あればできますが、かなり本格的なレストラン品質の料理。買い足すものは無く、すべてキットで完成します。

来年1月に発売する第1弾は、パエリア風ですがパスタを使用する「魚介の旨みたっぷりフィデウア」


第2弾は3月発売の「特製 黒トリュフハンバーグ」です。
購入した方は、説明書のORコートを読み取ると、福本先生の調理デモンストレーション動画を観ることができます。包丁はほとんど不要。「料理が勉強できるミールキットなんです」と福本先生。

2カ月ごとに1品、1年で6品のミールキットを開発、販売します。SLCでは、年内にまず、マネージャーやシュガーレディさんのご主人から、チャレンジが始まります。

 

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA