あっとおどろく「冷やし中華」(1人前360g)、ニチレイフーズの2022年春家庭用冷凍食品新商品です。なんと凍ったまま“レンジでチンして、冷たく仕上がる”という、冷やし中華なのです。3月1日に全国発売。

レンジでチンして冷たく仕上がる技術は特許出願済。なのでまだヒミツなんだそうですが、中華麺の上に氷がパラパラとのっていて、これが新アイディアのようです。冷凍めんなのでコシのある食感が美味しい冷やし中華。

2分50秒くらい(カップめんより短い!600Wで)チンした後、残っている氷と、取り出しておいたタレを混ぜることで冷え冷えに仕上がります。同時にチンした具材はほどよく冷えた状態になっていてトッピングするだけです。トッピング具材は、自家製煮豚、錦糸卵、オクラ、紅生姜の4種類。

生産は、同社山形工場に新設した新ラインです。ニチレイフーズとしては、全く新しい技術をもって家庭用具付き冷凍めんという新ジャンルへの挑戦ですが、新ラインでは、パーソナルユース商品を企画していて、麺に限らずさまざまな『個食』商品を家庭用業務用問わず開発していく方針です。

さて、冷やし中華というとコンビニで買うという方も多いかと思います。価格的にどうなんでしょうか?「コンビニの冷やし中華の価格は400円くらいかと思いますが、同等かそれ以下くらいで(小売店に)販売いただけると思っています。チルド販売は消費期限が限られますが、冷凍食品の冷やし中華はストックできます」(執行役員宮川浩幸家庭用事業部長兼マーケティング部長)。需要があれば、春夏に限らず秋以降も売場に並びそうです。

冷やし中華は、冷凍食品売場に行けばいつでも手に入る!という時代が到来しそうです。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA