• Home »
  • 冷凍食品新商品 »
  • 「Brejew」マルタンシェフの新作は「群馬県産和牛すね肉のラグーソース&卵のフェットチーネ~三ツ星シェフのブレジュ プレミアムフォンドボー入り~」

「Brejew」マルタンシェフの新作は「群馬県産和牛すね肉のラグーソース&卵のフェットチーネ~三ツ星シェフのブレジュ プレミアムフォンドボー入り~」


三ツ星シェフのプレミアム冷凍食品「Brejew(ブレジュ)」ブランド((株)田部・東京事業部)、メニューを監修するダニエル・マルタンシェフの新作パスタセットは、「群馬県産和牛すね肉のラグーソース&卵のフェットチーネ~三ツ星シェフのブレジュプレミアムフォンドボー入り~」(1人前:ソース160g・パスタ120gのセット、税込1620円、送料別途)です。1月29日新発売。

和牛のすね肉をシェフ特製のフォンドボー、赤ワインなどでじっくりやわらかく煮込んで、マスカルポーネチーズでまろやかに仕上げたラグーソース、と簡単に説明してみましがた、製造工程はそんな簡単ではないようです。

まずは、ソースを煮込む前に、スネ肉・アンチョビ・香味野菜・赤ワイン・香辛料をストゥファート(蒸し煮込み)。こうすることでスネ肉が柔らかくなり、また肉のうまみがソースにも溶け出すとのこと。その後で、ブレジュのプレミアムフォンドボーを加えて約1時間煮込んでいます。時間をかけることで、ソースの旨みが凝縮するとともに、柔らかくなった肉に味がしっかりと染み込みます。プロならではのひと手間ですね。
さらに、ソースにまろやかさとコクをプラスするために、マスカルポーネチーズを加えています。生クリームを加えるより、乳脂肪リッチなマスカルポーネを加える方が、さらに深い味わいになるとのこと。

さっそく、いただきました。パッケージを開けると、ソースとパスタ(生冷凍パスタ)です。

がんばって作り方に従ってソースを湯煎で温めます。パスタは生冷凍なので、沸騰したお湯で3分ほど煮ます。
パスタは、デュラム小麦粉を100%使用。練り上げの水に埼玉県奥秩父の秩父源流水を使用することで、雑味がなく小麦本来の風味を引き立たせています。さらに、本場イタリアから取り寄せた圧延式のパスタマシーンで延ばし、切り出しています。卵入りフェットチーネが濃厚なソースと相性抜群とのこと。

さらにフライパンで合えて出来上がり。いい香りです。

普通のお皿に盛りましたが、ボリュームがあります。
牛肉がやわらかく、コクのある味わい。フランス産マッシュルーム、たまねぎ、えのきだけ、にんにく、トマト・ピューレー漬け(イタリア製)などを使っています。フェットチーネは歯切れのよいアルデンテ(好みによって長めに茹でてもOKかも)です。満足感ありますね。何気なくランチでいただきましたが、ワイン片手のディナーパスタで大満足でしょう。
「巣ごもリッチに」食べられる本格パスタメニューさすがです。
ブレジュ 本格パスタソース&生パスタ特集

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share