低糖質を冷凍食品で! 三菱食品の「からだシフト」シリーズの冷凍食品8品

肥満にも糖尿病にもなりたくない!!ならば糖質コントロールを!という糖質摂取を気に掛ける食事術、浸透しつつありますね。糖質をカットするのではなく、1日の摂取量を100gくらい(70g~130g)にしましょう、というのが「糖質コントロール」のポイントです。朝・昼・夕の3食それぞれで糖質は20~40gにすることを意識して、間食はがまんせず糖質10gに収める、という考え方。「とは言われても、どれが何gやら」という方々のために、三菱食品がシリーズ商品として開発しているのが「からだシフト」シリーズ。何を食べたら何gか明確です。

今年の春は、冷凍食品も「からだシフト」シリーズに加わりました。シリーズは「おいしく、続けられる」というコンセプトで開発されたものばかり。糖質の量もパッケージ表面にわかりやすく表示してあります。

「からだシフト」ブランドサイト

こんにゃく米を混ぜた海苔巻きおにぎり(糖質30%OFF)、原料配合の工夫で糖質オフした、うどん、ピザ、たこ焼、お好み焼、餃子、ハンバーグ、クリームコロッケ。スーパーのほか、コンビニでも一部品揃えが進んでいるようです。

いろいろ試して、なるほど、おいしさを犠牲にし過ぎない、何気ない糖質コントロールをサポートしてくれるシリーズだと納得。

特にお気に入りは、「うどん」。表に「食物繊維たっぷり」と書いてありますが、たっぷりどころか、1食で食物繊維が22.1g!!!とあります。1日摂取推奨量(20g)を1食で摂取しておつりがきます。しかも、生産者シマダヤの特長である簡単に半分に割れる「ミニダブル」機能がありますので、0.5玉で控え目に、1.5玉の大盛りうどんにと自由自在。

第二弾はどんなもの?と今から楽しみですね。

コメントを残す Comment

*

Share