イトーヨーカドーの冷凍食品新PB『EASE UP』、直訳:簡単にできあがる 意訳:手間抜き

イトーヨーカドーのオリジナル冷凍食品、「EASE UP」!2018年新発売です。EASE UP~直訳すると「簡単にできあがる」ですね。しかし、意訳は「手間抜き」だそうです。看板にも書かれています。手抜きではなく、これからは「手間抜き料理」。手間暇はメーカーがしっかりと代わりにかけているのです。そして美味しさそのままの急速凍結をしてお店に。

今回第1弾だそうで、レンジで簡単に出来立ての1人前紙トレー入りごはん4品(ガパオライス、チーズキーマカレー、ビビンバ丼、ロコモコ丼=いずれも製造は日本製粉㈱)と、8個入りの「いなりずし」(製造は㈱ヨコヤマ)!です。

このたび、全て試食してみました!! 私のお気に入りナンバーワンは、この1食で野菜がしっかり摂れる「ビビンバ丼」。

原材料名標記で、ご飯より前に野菜(ほうれん草、緑豆もやし、にんじん、にんにく、しょうが)が書いてあります。仕込み時に野菜(ほうれん草、緑豆もやし、にんじん)は38.0%、ぜんまい水煮5.0%です。

こんな感じで仕上がって見た目も良し。混ぜて美味しい! ごはんはもち麦入りごはんなのですが、どこにごはん?と思うくらいに野菜の「勝ち」。

イトーヨーカ堂小笠原マーチャンダイザーのガパオ好きが開発にフル発揮されたという「ガパオライス」は、なんと、本場感満載の長粒米、ジャスミンライスを使っています。もちろん、NBでもお約束の目玉焼き乗せスタイルも変わらず。

あっさり美味しい長粒米は、エスニックライスメニューにベストマッチ。本場の味です。

チーズキーマカレーは、たっぷりのチーズソースが新しい雰囲気のカレー。スパイシーでありながらマイルドです。もち麦入りごはん。

ロコモコ丼は、ふっくらジューシーなハンバーグととろり目玉焼き風がベストマッチです。

このプスッとスプーンを入れる瞬間が楽しいです。赤ピーマン、ブロッコリー、じゃがいもが入っていて彩りも良し。

いなりずし!!!!!冷凍食品売場にお久しぶり~の登場です。

一気には食べられない、小分け用ですね。

ホカホカのいなりずし、出来上がり。すぐ食べて違和感があったので冷めかげんで食べて◎でした。おあげがジューシーです。うどんなど、めん類を食べるときのお供に最適。お弁当に使ってもよさそうです。

EASE UP、来月には第二弾を発売予定とか。何が出るか楽しみですね~。
EASE UP 全国発売の発表会(9月20日)

コメントを残す Comment

*

Share