ヨーカドー新冷凍食品「EASE UP」、24日から全国展開

その昔、簡単で便利なことに罪悪感を抱いている人たちがおった、、、「あらまーじい様、このごはんのうまいこと、、、」と頭の中で常田 富士男さんやら市原悦子さんやらの声が響きました。美味しいご飯が食べられる人間っていいなぁー、、、妄想しておりました。失礼。イトーヨーカ堂の簡単・便利『時短メニュー』新商品発表会(20日)です。上の写真は冷凍食品の新PB『EASE UP(イーズアップ)』です。ありそうでなかった、あったら嬉しいものの数々。

生鮮部門でも、レンジでできあがる精肉を使ったシチューやスープ、焼き魚など(お肉屋さんの『レンジメニュー』、お魚屋さんの『レンジメニュー』)を新発売。また、鍋やフライパンで出来上がるワンクックメニューも充実します。同時に発表され、9月24日から全国のイトーヨーカドーで順次発売されます。

新商品を発表する営業企画部の上野総括マネジャーです。

「ちょっと便利で美味しいものが欲しい、ひと手間かけて美味しくできるものが欲しいという要望に応えます。時短ができたら、もう1品作りたい、何かを加えるとより美味しく食べられる。いう時にフルラインナップのGMSの強みが生きる」

確かに。冷凍食品のメリットをきちんと商品で伝えていただくにはそれなりの規模が必要だと思います。美味しい食卓を提案するには、小規模な品揃えでは物足りない部分が出てきますね。

売場はこんな感じになります。EASE UPコーナーができます。テスト導入の写真なので、品揃えが少ないですが、特に試食宣伝もしなかったのに、例えば珍しい「チーズキーマカレー」などが良く売れているそうです。

24日からの品揃えは、いろいろおかずも加わって充実します。米飯類6品、おかず8品。追ってコロッケも2品追加に。北海道の地震・停電の影響で遅れるそうです。

冷凍食品の商品開発、売場づくりに燃える小笠原マーチャンダイザーです。「売場は順次1.5倍くらいに、品揃えは200強から340~350品になってきました」

発表会で出た試食商品の一部です。

 

美味しいです。

こういう商品は、待ってました!という感じです。

乞うご期待。
EASE UP 先行販売品試食しました

コメントを残す Comment

*

Share