冷凍めんで初の『機能性表示食品』 マルハニチロ「海老あんかけ焼そば」  

パッケージに「数に関する情報の記憶をサポート」と表示されています。食べることによって健康機能が期待できる食品『機能性表示食品』です。マルハニチロ「海老あんかけ焼そば」(1人前 麺130g、具入りあん172g)、11月1日に全国新発売されます。マルハニチロ初の冷凍食品における機能性表示食品、ですので、冷凍めんでも初、ですね。冷凍食品では、ニッスイが和惣菜各種で機能性表示食品を発売していますが、新商品は主食系で業界初の機能性表示食品となります。
機能性表示食品とは、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品。表示をしたい企業が科学的な根拠(論文など)を基に消費者庁に申請し、認められると表示ができます。同品の届出表示は「本品にはDHAが含まれます。DHAには中高年の認知機能の一部である、数に関する情報の記憶をサポートする機能があることが報告されています。」

しかも、この「海老あんかけ焼そば」は減塩(同社の五目あんかけ焼そばに対して35%カット)。こんがり両面焼きした麺、具材たっぷりのとろりとしたあん。電子レンジの簡単調理など、中高年に優しい仕上がりです。

コメントを残す Comment

*

Share