冷凍の基本②できるだけ空気と遮断する

冷凍生活アドバイザーの西川です!

冷凍テクニック「ホームフリージング」の基本をお伝えします!

「できるだけ空気と遮断する」これもとても大事なポイントです。

 

冷凍庫の中は空気中の水分も凍るため、湿度がとても低くなります。

つまり、とても乾燥しているということですね。

乾燥したこの冷凍庫内に、裸の食材を入れてしまうと・・・

食材の水分がどんどん奪われて、ミイラ状態になっちゃいますよ!

 

そのためポイントは「できるだけ空気と遮断する」ですね!

ラップで表面を丁寧に包み込んだり、フリーザー用の保存袋に入れて、しっかり空気を抜いてください。

img_6971

イメージ的には真空パックのように、しっかりしわがよるくらい空気を抜いてください。空気を抜くのが難しい食材はラップをして、さらに保存袋がベストですね。

乾燥から食材を守って、美味しく冷凍保存しましょう♪

 

◎冷凍生活アドバイザー西川の著書「もっとおいしくなる 超・冷凍術」はこちら

◎冷凍生活アドバイザー資格養成講座はこちら

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share