寝坊した朝も大丈夫!「おにぎり丸」で時短お弁当完成!

「冷凍」を活用して楽しく美味しいごはんライフを! 冷凍生活アドバイザー養成講座 講師の西川剛史です!

お弁当に冷凍食品は強い味方!

そこで、冷凍生活アドバイザーの資格講座第1期生である野菜ソムリエプロの増田智子さんに、主婦目線で冷凍食品を選んでもらい、子育て真っ最中のキッチンから、冷凍食品を使った簡単!お弁当作りを実践してもらう企画です!

今回は、『おにぎり丸

冷凍食品の新しい使い方を提案したおにぎり丸!じわじわと定着してきています。

増田さんならではのおにぎり丸の使い方をご紹介していただきます。

みなさまこんにちは!

野菜ソムリエプロで冷凍生活アドバイザー養成講座1期生の増田智子です。

日頃は料理教室や食育イベントの企画運営、試食PRなど野菜や果物の魅力を発信しつつ、子どもたちと一緒にお料理やお菓子作りを楽しんでいます。

今回は私のようなお寝坊さんでも、ささっとお弁当が作れる!便利な冷凍食品をご紹介します。

最近は寒くなってきて、朝、布団から出るのが辛くなってきました。ついうっかり二度寝!なんてことも。

それでもお弁当は作らなければならない~そんな時に準備しておきたいのがこれ!!

味の素冷凍食品の『おにぎり丸』です。
「おにぎり丸」サイト

嵐の櫻井翔さんがCMしていることでご存知の方も多いかと思いますが、嵐ファンの私(笑)は発売当初からお気に入りで、冷蔵庫の必需品になっています。

今回使用した「牛すき焼き」「豚カレー(中辛)」以外にも

「鶏の梅あえ」「ねぎ味噌チキン」「照りマヨ」「野菜たっぷりビビンバ」「ちいさな豚角煮」「えびマヨ」

と新しい味も増えて種類が豊富になっています。どれもおいしそうですね!

作り方も簡単です。

ラップを広げてご飯を盛って、真ん中におにぎり丸を凍ったままポンと。あとは包んで握るだけです。

ラップは大きめの方が包みやすいですよ。

パッケージにも書いてありますが、熱々ごはんで握れば約15分後。

すぐ食べるときは電子レンジ(600W)で40秒で食べられます。

ごはんも冷凍ストックがあれば、炊き立てでなくてもすぐ作れますよね。
おにぎりに合わせるのはこちら!

寒い時期に大活躍のスープジャーです。中が魔法瓶のようになっていて、汁物が温かいまま持ち運びできます。中身は…

味噌汁~!夕飯か朝食の残りの具だくさん味噌汁を入れたら、もうばっちりのお弁当じゃないですか??

今日は豚汁。豆腐、白菜、ネギ、人参、もやし…冷蔵庫にあるものをいろいろ入れちゃいます。

おにぎり丸の中にも具がぎっしりなので、味噌汁をプラスするだけで食べる方も十分満足されることと思いますよ。写真には忘れましたが、余裕があったらみかんの1つでもつけてくださいね。

では、おにぎりをよーく見てみましょう。

牛すき焼き。お肉もしっかり存在感、レンコンの歯ごたえもあって食べ応えがあります。

カレーがおにぎりになるって!びっくりですよね!?
でも冷凍だからこそ!ごはんに包むことができるし、絶妙なとろみがついているので握った後に溶けて流れ出てくることもないし、素晴らしい商品だと思います。
辛さも中辛と書かれていますが、そこまで辛くないので小学生くらいのお子さんなら食べられるのかなと思います(うちの小学1年生は大丈夫でした!)

おにぎりに合わせるのは味噌汁だけでなくてもいいですよ。

しめじ、ウインナー、ブロッコリー、人参、キャベツ、玉ねぎをコンソメスープで煮て、牛乳を入れた野菜たっぷりミルクスープ。

これも合います!そして…具をある程度食べたあと、残ったスープに「おにぎり丸豚カレー」で作ったおにぎりを…

入れてしまったらほんのりカレー味のミルクリゾット風に!!

冷えてしまったおにぎりがミルクスープと絡んで美味しくいただけました。

これはおすすめです!

 

数種類の「おにぎり丸」を準備しておけば、少しのプラスαでいろいろなお弁当のバリエーションが生まれそうですね。

私もまだ体験していない味があるので、完全制覇してみたいと思います!

皆さまも冷凍食品を上手に使って、おいしくて愛情たっぷりのお弁当を作ってみてくださいね

以上、野菜ソムリエプロ、冷凍生活アドバイザーの増田智子でした。

おにぎり丸を使った素敵なお弁当でしたね!

スープジャーはこれからの寒い時期にとっても良いお弁当箱(グッズ?)ですね。おにぎり丸で握ったおにぎりと相性がバッチリです。

途中からおにぎりを入れる!!増田さんのアイディアにはビックリ。

あったかいスープに愛情込めてにぎったおにぎりで、体も心もポカポカですね♫

ぜひ参考にしてください♪

 

冷凍生活アドバイザー養成講座

監修・講師

西川 剛史

http://vefroty.co.jp

コメントを残す Comment

*

Share