手焼きで仕上げた少し厚めの手造りホットケーキ!

冷凍生活アドバイザー西川剛史のオススメ!

今回の甘~いオススメはこちら!

ホットケーキ2
高知の老舗アイスメーカー「久保田食品」が造り上げたデザート冷凍食品が、この「手焼きホットケーキ」!

if_hotcake_image

「小麦粉、牛乳、卵、砂糖、バター、小麦でん粉、ベーキングパウ ダー」と非常にシンプルな原材料で作っています。
シンプルながらも、マーガリンではなくバターを使っているため、くどくなく、それでいてバターの風味を 感じる仕上がりです。
生地だけでも十分美味しく感じます。

ホットケーキ

↑ これが手焼きの生産風景。

こだわりのポイントは、一枚一枚「銅板で手焼き」している点です。このホットケーキは2cm近くの非常に厚みのある焼き上がりですが、そのポイントがここにあります。
ホットケーキは高温で焼くほど、ベーキングパウダーの反応が強くなり、生地の立ち上がりが良くなります。しかし、鉄板だと、高温にしたときに温度ムラが大きく、場所によっては焦げてしまいます。それが銅版だと熱伝導性が非常に良く、そして均一に銅版の温度が上がるため、とても綺麗な焼き上がりになります。

とても綺麗な焼き上がり、そしてしっかりとした厚みのホットケーキを焼くにはこの銅版が重要になります。そしてもちろん、手焼きにすることで一枚一枚丁寧に焼き上げています。
素朴で懐かしい「純喫茶」のホットケーキを手軽にご家庭で楽しめます。そのままでも美味しく、もちろんバターやはちみつ、アイスなどとも相性抜群です。
この商品のもう一つの魅力は規格と包装です。1枚1パックで、食べきりサイズで便利です。朝食やおやつとしても使いやすい規格です。あと、特殊パッケージを使い、袋のまま電子レンジで温めることができるのが、かなり便利です。

是非お試しください。

ベフロティ
冷凍生活アドバイザー
西川剛史
http://vefroty.co.jp

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share