レンジでできる!「超メンチカツ」の高さは約4センチ!!~ニチレイフーズ2023年春新商品


ニチレイフーズは1月12日、同本社で2023年春季新商品発表会を開催しました。家庭用冷凍食品の目玉商品は、かつてない肉厚形状で、レンジで簡単に解凍できる(600W1分20秒)「超メンチカツ」(2個入:160g)です。3月1日全国発売。生産工場は船橋第二工場。昨年発売した「極上ハンバーグ」と同じ工場です。
1個80gのメンチカツ!

すごい形です。その高さは約4センチ。隣のミニトマトはかなりのミニサイズですが、比べてみると、そのボリューム感が分かります。いわば”げんこつメンチ”的仕上がり。

お箸で割ってびっくり、なんだかゴツゴツ、ゴロゴロしています。そして、ところどころに玉ねぎ。「従来のメンチカツは肉を練って型を抜く、という製法ですが、オリジナルの新型成型機で練らずに肉の状態のまま塊に」したという新製法。


お肉の比率は豚2:牛1の割合。「豚肉ベースに牛のうま味をプラス」した味わいです。噛み応えがありました。牛は肩ロースの部位指定でチョッパーでカット、13ミリ角。豚肉はミンチとダイスを組み合わせています。部位はロース主体の原料。
「今までにない品質、『超える』ブランド」(宮川浩幸執行役員家庭用事業部長)

パッケージにも新アイディアを導入します。

特殊形状のトレイを開発、トレイのままレンジ加熱すると、水蒸気が抜けて、サクッとした衣に仕上げる工夫です。サクッというよりザクッとした感じでしょうか、、、従来のレンジ調理フライから進化した印象でした。
このトレイ、2003年夏からは、環境負荷の低い「ストーンシート素材」のトレイに切り替わります。ストーンシートとは、プラスチックに石灰を混ぜ込むことで、強度を保ちながらプラスチックの構成比を下げたもの。燃えるゴミとして処理することができます。

パッケージにも力が入った開発商品ですね。
昨年からにわかに外食産業の家庭用冷凍食品進出が相次ぎ、注目されていますが、どっこい大手メーカーの開発力はそれ以上!という意気込みを感じる商品です。「冷凍食品売場に高い品質レベルの商品があることが認知されていない。業界の課題」(宮川部長)とのこと。売場の未来を考える開発。トップブランドの底力、ですね。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA