冷凍食品News

FOODEX Frozen展示、最高人だかりは『Z’s MENU』試食、ヘルシーおやつ初披露(SLC)


FOODEX JAPAN2022(3/8-3/11)会場内、FOODEX Frozen出展ブースで最も人だかりがあったのが、SL Creation(エスエルクリエイションズ)の『Z’s MENU』試食でした。

「日本最高峰の冷凍食品」をうたうシリーズですから当然ですね。

すごい人気。「え、本当に冷凍食品?」「うまっ!」といった声が漏れ聞こえてきます。かなりのインパクトを与えていました。
SLCブースでは、タブロイドのような「SLC NEWS」を配布。Z’MENU の冷凍無人販売機テスト販売の開始、健康推進プロジェクトの紹介、そして新商品のヘルシーおやつ「Any O’clock(エニーオクロック)」をトップニュースに掲載しました。

おからと米ぬかを使用した、からだ思いのおやつ、ヘルシーフィリングスナックス

栄養素満点のおからの魅力を最大限に活かした、美味しく、からだに良いお菓子を目指して開発しました。

野菜のおいしさをそのまま詰め込んだ、ベジタブル プチ ビッツ

オーガニック野菜を使用している、野菜の美味しさが楽しめるチップス。

ヘルシーおやつは2種類ともに、冷凍食品ではなく常温品。積極的にサンプルを配布して、注目を集めました。


開発を担当された山本さんにお話をうかがいました。


ヘルシーフィリングスナックスの包装は、独自開発のおからペーパーです。表のイラストは障がいを持つアーティストの作品を採用し、売上の一部は、環境、医療、福祉、教育支援団体などに寄付されます。
包装の裏面には、開発コンセプトが書かれています。「Pay it Forward」~恩送りとも訳されることばで、誰かから困っているときに助けてもらうなど、恩を受けたら、その感謝の思いを胸に、いつか別の人に同じようなサポートをする、という意味です。これを続けていけば世の中の多くの人がハッピーになります。

お菓子を食べることを健康維持のためと考えて控えるのではなく、からだが喜ぶお菓子を食べて、みんながハッピーになることにつなげていこう、というお菓子なのです。

容器も再利用できる密閉性のあるものにするなど、環境負荷を低減する配慮もしています。

何かのために、誰かのためになるお買い物。エシカル消費(エシカル:倫理的)の取り組みです。さすが、ユニセフ基金の活動で4年連続の紺綬褒章を受章しているSL Creationsです。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社
株式会社ノースイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA