凍ったままでスピード調理、CO・OP『冷凍ミールキット』7月1日からラインナップ強化

冷凍庫から取り出して、そのままフライパンで炒めて約10分で出来上がる日本生活協同組合連合会のコープ商品、2018年9月に発売した「CO・OPたらと野菜の甘酢あん」(MSC認証:持続可能な漁業で獲られてたらを使用、398円税抜、製造・協同水産流通㈱)、「CO・OPたらと野菜の黒酢あん」(同)が高い評価を得ているそうです。

同連合会では、この7月1日から順次ラインナップを拡大する方針。新たに『冷凍ミールキット』シリーズとして本格展開に入りました。

『冷凍ミールキット』は、解凍の手間がいらず、フライパンや鍋で炒めるだけの“ワンステップ調理”が特長。魚はすべて骨取り済み。十分な量のたれが入っているため具材を加えたアレンジも可能。裏面にアレンジレシピが見られる二次元コードを記載しています。いずれも1品250g前後で価格は398円~498円(税抜)。

7月1日発売の第二弾は、「CO・OP骨取りかれいの野菜あんかけ」(MSC認証黄金かれい使用、498円税抜)。

「CO・OPたらと野菜の甘口麻婆風炒め」(同、398円税抜)の2品です。

また8月1日には「CO・OP骨取りさばとなすのごま味噌炒め」(MSC認証さば使用、398円税抜)、「CO・OP骨取りさばときんぴらの甘辛炒め」(同)、「CO・OPいか竜田揚げと厚揚げの彩りオイスターソース炒め」(498円税抜)の3品を発売します。

 

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share