発売50年目の超進化!!『新』ギョーザ! ギョーザ・ワールドも超拡大する味の素冷凍食品


味の素冷凍食品のおなじみ、ギョーザ売上日本一!の「ギョーザ」ですが、この秋は発売50年目の超進化!を遂げました。パッケージにも、大きな『新』が付きます。豚肉配合を従来比1.5倍に。中具の練り方も改良して、さらにジューシーに仕上げています。
そして、現行の「しょうがギョーザ」も進化!生姜が2倍!

名前も「生姜好きのためのギョーザ」!!になります。ひとくち食べて、ピリリッ、ガツンと生姜を感じる味わいです。

2021ねn

2021年春、地域限定発売された「レンジで焼ギョーザ」(10個入り)は、全国発売に!

一部店舗とECサイトで先行発売していた、小麦・卵・乳不使用の「米粉でつくったギョーザ」(12個入り)も全国発売。

プレミアムラインの餃子は、従来夏の期間限定発売でしたが、この秋、鹿児島産黒豚を使用してもっちり厚皮で仕上げた「黒豚大餃子」(30g×9個入)を発売します。

昨年秋に発売した「水餃子」(15個入り)は、肉量10%アップのリニューアル。

さらに、

環境を配慮してプラスチックトレーをなくし、32個入の大容量、「ギョーザ 32個 ecoパウチ」を北海道地域限定で発売します。


「超進化」なんですね~

7月27日、味の素冷凍食品は、赤坂のギョーザ発信店舗「GYOZA IT(ギョーザ・イット)」で、2021年秋冬新商品発表会を開催しました。

とにかく、ギョーザがたくさん、計7品。

そして、
『ザ★』シリーズ第4弾の「ザ★ハンバーグ」。焼きにこだわった外食品質のハンバーグを目指し、実現しました。しかもレンジ調理です。

ごはんでは、

だしをきかせて塩分控えめに仕上げた「地鶏釜めし」(350g)。美味しい炊き込みご飯が、冷凍食品で手軽に味わえます。350gというと、お茶碗2杯分くらいです。

味の素冷凍食品の黒崎社長㊨、大竹国内統括事業部製品戦略部長です。
黒崎社長は、掲げるミッション、ビジョンを示しながら、『健康、栄養といえば味の素冷凍食品』といわれる企業となり、社会貢献、環境負荷低減に貢献していく方針を示しました。秋新商品の目玉は、「『おいしさ』と『選べる楽しさ』で、ギョーザ・ワールドを強化。そして『ザ★』第4弾のザ★ハンバーグ。加えてSDGsへの取り組みを商品視点で具現化」(黒崎社長)です。

大竹部長は、食と健康の課題解決企業として社会貢献する方針を語りました。

発表会の最後は、商品開発担当者が熱い想いを語るトークセッションでした。㊧からギョーザ担当の谷さん、ご飯担当の後藤さん、「ザ★ハンバーグ」の開発を担当した山下さんです。学ランの胸には『ザ★』魂とくっつけています。熱い!!プレゼンでした。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA