• Home »
  • 安心・安全 Q&A »
  • 『冷凍食品についての素朴な疑問シリーズ』 冷凍食品は賞味期限が長いからいつでも使えて便利ですよね?

『冷凍食品についての素朴な疑問シリーズ』 冷凍食品は賞味期限が長いからいつでも使えて便利ですよね?

「新型コロナウイルス感染症が広がり内食の機会が増えていますが、冷凍食品は賞味期限が長いからいつでも使えて便利ですね」こんな声が多い昨今ですが、、、

今年の1、2月頃から、新型コロナウイルス感染症が日本を含め世界中に広まりつつあるという報道が連日されて、誰もが心配の日々を過ごしている状況になっています。しかし、人類の歴史は感染症との闘いの歴史であり、人類は細菌やウイルスと共存せざるを得ないのが宿命です。この感染症もその1つ、パニックを起こさず冷静に自分でできる衛生管理を徹底して行い難局を乗り切りたいと思います。

日本でもほとんどの行事・イベントが延期、中止され、自粛ムードになってしまいました。必然的に外食の機会が減り、内食、中食が増えてきています。そんな中で、長く保存でき、いつでも使える冷凍食品が人気で多くの消費者が買い求めているようです。

そこで、改めて冷凍食品の購入から家庭での保存までの注意点をQ&A形式で記載して消費者の皆さんの参考にしたいと思います。

Q1:冷凍食品を購入するときの注意点はありますか?

A1:1)温度が適正に管理されていること

冷凍食品の大切な条件の1つが「品温を-18℃以下で保管している」というものです。最近のスーパーの売り場をみると、多くがリーチインスタイルのショーケースに保管され温度が適正に管理されているのであまり心配はなさそうです。そうでない売り場の場合は温度計を見て少し注意する方が良いかも知れません。

 

2)冷凍食品は最後に購入し解凍しない工夫をする

冷凍食品をショーケースから取り出すと、そのときから品温が徐々に上がっていきます。寒い季節はそれほど心配しなくともよいですが、これから暖かい季節になると品温が上昇し表面が解凍する恐れも生じます。そこで購入するときは、冷凍食品は最後に購入しましょう。そして2パック以上購入したときは、冷凍食品同士は接触させてまとめて袋に入れることで品温上昇を防ぐことができます。

また、最近はマイバッグをお持ちの方が増えたと思いますが、できれば保冷用のマイバッグにすると更に安心です。それらが無いときには新聞紙等の紙に幾重に包んでもらうと紙との隙間に空気層ができ断熱効果で温度上昇を防止できます。

(編集部注)冷凍食品を購入した際には、できる限り速やかな帰宅を心がけて下さい。

3)なるべく早く冷凍庫にしまう

スーパー等の購入が終わったらなるべく早く帰宅して、まず冷凍食品を冷凍庫に入れましょう。どうしても早く帰宅できない場合は、購入先でドライアイスや氷をもらっていっしょにバッグに入れて持って帰ると良いでしょう。

Q2:家庭での保管について注意点はありますか?

A2:以前のコラムから要点だけご紹介します。

以前このコラムで「冷凍食品の保存温度はどうして-18℃以下なのですか?」を掲載しましたが1)、その中に幾つか注意点を記載しましたので、要点だけを再度紹介します。

買ってきた冷凍食品は冷凍庫に入れてしまえば安心と思ったら大きな間違いがあり、日々の冷凍庫の使い方で品質に対し影響がでることがあります。室温において冷凍庫のドアを開けたときの庫内の温度変化を調べると、冷凍室を15秒間開放したときは、-23℃から-13℃まで上昇し、閉めても元の温度に戻るのに10分近くかかります。1分間開放したときは、-5℃まで上昇してしまいます。このことからわかるように、ドアの開閉は極力減らし、庫内を整理しておき開けたらすぐに製品を取り出すことによって温度上昇を抑えることができます。また、ドアポケットに収納した場合は、ドアの開閉の都度、外気の温度の影響をそのまま受けますのでより品質への影響が大といえます2)。

これから気温も上がっていく季節なので、冷凍庫を開ける回数が増えてくると思いますが、中の温度変化に注意して使いたいものです。

Q3:冷凍食品は買ってから2~3ケ月で使い切る方がいいと聞きました。商品のパッケージをみると賞味期限は10ケ月も先でした。早く使わないといけないのですか?

A3:初期の品質保持期間とおいしく食べられる賞味期間は異なります。

A2と同様に「冷凍食品の保存温度はどうして-18℃以下なのですか?」の項で書きましたが、通常の家庭用の冷凍庫は、JIS規格(日本工業規格)でその性能が決められ、保存期間の目安は約3ケ月とされています。多くの冷凍食品はその賞味期間は1年とされているのに、おかしいと思われるかも知れませんが、これは、冷凍庫に収納したときの初期の品質が3ケ月間保持できます、ということであり、おいしく食べられる賞味期間とは異なるからです。

判りやすく一例として言えば、初期の品質が5点であり、おいしく食べられる品質が3点以上とすると、3ケ月後は約5点ですが、約1年保存した後は3~4点になるということです。 冷凍食品は、他の食品に比べ品質変化の少ない優れた食品ですが、家庭用の冷凍庫に長い間保管すると、若干の乾燥、霜付き、褐変、ブロッキングは起こりえるものです。そういう意味で2~3ケ月で使い切る方がいいと言われていますが、未開封の状態で賞味期限内であれば、品質的に何も問題ありません。

【引用文献】
1)冷凍食品エフエフプレス 安全安心Q&A4
安心・安全Q&A 4 冷凍食品の保存温度はどうして−18℃以下なのですか?
2)エフコープ「ふれあい」“ドアを開閉したときの温度変化


鳥羽 茂 氏(とば・しげる):東京工業大学大学院卒業後、味の素㈱入社、商品開発業務、調理食品研究所長を経て味の素冷凍食品㈱で品質保証業務に従事、同社定年後約7年冷凍野菜専業の大手企業、ライフフーズ㈱で品質保証業務に従事。神奈川県食の安全・安心審議会委員(現)

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share