• Home »
  • 冷凍食品 Event »
  • 10月18日は『冷凍生活の日』、毎月18日は『冷凍について考える日』に! 記念の冷凍レシピコンテスト、優勝は札幌の土方さん

10月18日は『冷凍生活の日』、毎月18日は『冷凍について考える日』に! 記念の冷凍レシピコンテスト、優勝は札幌の土方さん

皆様、健康的な笑顔です。「ズッキーニー!」と言っています。野菜ソムリエの記念写真の掛け声とか。日本野菜ソムリエ協会築地教室で、10月18日を『冷凍生活の日』に制定しての記念イベント、日本初の!!!「冷凍レシピコンテスト」が開催されました。

開始時刻は、10月18日の午前10時18分! 西川剛史さん、ソコにこだわります。カウントダウンをして、みんなで「RAEITO~」コール!

威勢よく開会しました。冷凍生活の日記念、始めよう、極めよう「冷凍生活」イベントです。

え?、10月18日は『冷凍食品の日』です、よねー。そうなのですが、今年から『冷凍生活の日』も加わります。令和元年の10月=れいわのとう=冷凍。冷凍保存温度のマイナス18℃以下にちなんで18日です。

さらに、「毎月29日が『肉の日』のように、毎月18日を冷凍について考える日にします。冷凍庫の整理をする日にしてもいいですね」と西川剛史さん。連日のテレビ出演でおなじみの「冷凍王子」こと冷凍生活アドバイザーの西川さんです。野菜ソムリエ協会が実施している「冷凍生活アドバイザー養成講座」の監修・講師を務めています。同講座は2016年8月に第1期を開講して3年が経過。約260名の修了生を輩出しています。年内にも開講されますので、年末には300人超えですね。

今年は、フリーザーバッグ№1のジップロックを販売する旭化成ホームプロダクツ㈱が、ジップロック・フリーザーバッグを使用して毎日の夕食作りを楽にする「下味冷凍」の提案を開始しました。

こんな感じでジップロックを使って週末、1週間分の食材に下味をつけて冷凍ストックしておくと、緩慢凍結というホームフリージングの特性が生きて味が食材に染み込みます。後は1日分朝から冷蔵庫で解凍して、夜に炒めるだけ。簡単に夕食メニューが出来上がります。コンテストに協賛して、優勝者には「ジップロック1年分」の副賞を贈呈しました。解説しているのは同社の宮崎貴文さん。
関連記事:「ゆとりうむ」プロジェクト

記念イベントの「冷凍レシピコンテスト」は、第1回目ということで、冷凍生活アドバイザーの資格を持つ方対象に募集。51レシピの応募から書類選考で入賞者10人が選ばれて、10月18日に1人ずつレシピの口頭プレゼンテーション。ギャラリー投票によって上位3人のレシピが選ばれました。

第1位に輝いたのは、札幌から参戦の土方夕暉さん。冷凍レシピは「美味しい・ヘルシー・超かんたん! ムネ肉ふっくら 秋の発酵美肌鍋」です。土方さん「下味冷凍で鶏ムネ肉がしっとり、米麹・塩・水を加え酵素の力で、ジョキジョキとタンパク質が分解されます」などなど、超簡単であることが超わかりやすいプレゼンテーション。実は土方さん、3年半前まで小学校の先生だったんですね。一念発起で発酵プロフェッショナルになり、野菜ソムリエプロになり、冷凍生活アドバイザーになってさらに研究の幅が広がっているそうです。


2位は東京・勝どきで料理教室を開いている根本早苗さん。とても「映え」る料理が評判だと参加していた生徒さんにうかがいました。

野菜ソムリエプロのスタイルも決まっています。「冷凍を活用するようになって野菜料理がとても簡単にできますよと伝えることができるようになりました。特にシニアの方々に好評です」

3位の神尾かほりさんは、静岡・函南町の農家。いつも冷凍しているご飯と、自家製トマト、玉ねぎ、ピーマン、ベーコンと全てを合わせて冷凍! 凍ったまま食べたい量をレンジかフライパン調理する、という目からウロコ的な、簡単だけど本格的なレシピが評価されました。

その他入賞した7作品は、川村茂樹さん「Soup de Jupiter(木星のスープ)」、上西智子さん「漬け込み不要、ピリ辛キュウリ漬け・高崎順子さんすりおろし人参で即席スープ」、尾久彩子さん「ユズ風味の蒸しパン」、大和一恵さん「ゴーヤとミョウガの甘酢漬け」、小市亜紀子さん「下味冷凍くずし豆腐のスパニッシュ風オムレツ」、濱田まさこさん「厚揚げの餃子餡かけ」。

唯一男性の川村さんは、タレントのような楽しいプレゼンテーションを披露。三菱電機の冷凍冷蔵庫を製造している工場勤務で、販売促進グループ所属だと聞いて、納得しました。タマネギ丸ごとを木星に見立てた大胆なレシピでした。

“ゆで汁マイスター”濱田まさこさんの「ゆで汁」愛も印象に残りました。

 

ミニセミナーを行った西川さん、「冷凍って『技術』だと思います。何かと掛け算して、冷凍の良さが生きます。×野菜、×発酵、×ゆで汁など、掛け算で新しいことができますね」と熱く語りました。


日本野菜ソムリエ協会の福井栄治理事長も「冷凍はフードロス削減に役立つ。ミートフリーを取り入れることは環境保全、食料問題解決にもつながる」と協会のSDGsへの取組みを語りました。

最後は冷凍テクニックを生かした素材の試食をまじえて和やかな交流会となりました。

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share