10月18日「冷凍食品の日」イベントで渡辺満里奈さんがアレンジメニューを調理

渡辺満里奈さんが日本冷凍食品協会の10月18日「冷凍食品の日」~ココロにおいしい、冷凍食品~イベント(ロイヤルパークホテル、10月15日)で、冷凍食品を使ったアイディアメニュー調理に挑戦! 見守るのは、冷凍食品アンバサダー、オテル・ドゥ・ミクニの三國清三オーナーシェフ㊨です。冷凍のトウで10月、18日は、冷凍食品の保存温度、マイナス18℃以下から。10月は食の季節ですので、10月を『冷凍食品月間』としています。

「つくねのチーズ焼き」(つくね、洋野菜ミックス使用)に「和野菜のポタージュ」(和野菜ミックス使用)。「野菜が簡単に摂れますね。便利!」と渡辺満里奈さん。小学校6年生の男の子が野球、3年生の女の子が乗馬とスポーツに頑張っている子供たちが食欲旺盛といった話をしながら、三國シェフが説明する冷凍食品のメリットに驚く渡辺さん。「冷凍のまま使うのがポイント」「たくさん種類のある冷凍フルーツも便利。サッと炒めてソースになりますよ」といった三國シェフの解説に熱心に耳を傾けていました。
冷凍食品協会のアレンジレシピ 和野菜のポタージュ
冷凍食品協会のアレンジレシピ つくねのチーズ焼き
「おいしくて安い、旬の時期に冷凍野菜はとれたてを急速冷凍します。だからいつでも『旬』。栄養もそのままです」と三國シェフ。普段冷凍食品をあまり使わない渡辺さんは、会場に集まった方々と共に、感心しきり。

「料理を見ると性格がわかるんです。ザクっとしていて意外に男っぽい。料理人に向いてます。お店だってできますよ」と三國シェフ。

小6男子お泊り会にいろいろ作った渡辺さんの料理SNS投稿。「小6男子唐揚げにしか興味なし」だそうです。

野球の日のお弁当。ご主人の名倉潤さん(前週金曜日から芸能活動再開し話題の人)もご長男と野球の練習に行くそうです。

冷食協・伊藤会長㊧と共に。「会場の反応がとても良かった。冷凍食品のすばらしさ、美味しさについてよく理解していただけた」と伊藤会長。知っていただく、日常の生活に使っていただくということを、もっと幅広い需要層に向けて発信していく考え、とのこと。

トークショー、デモ調理に続いては、会場を移してビュッフェ形式の試食会です。

渡辺さんからのサーブも行われました。

1番に並んで料理を受け取ったのは、笹川さん㊨、中島さん㊧姉妹。中島さんは取材中の冷凍食品ジャーナリスト山本に声をかけてくださいました。なんと!!、「冷凍食品工場見学会で山本さんの話を聞いてから冷凍食品をよく使うようになったんですよ。それで今回のイベントも応募したんです」って、嬉しいですね。お姉さまの笹川さんは裏千家の教授とのことで、「今日の話をうかがって、お茶会の懐石料理を作るときは、日本食の伝統を伝えながらも冷凍食品をうまく使って無駄なく調理したいと思いました」とのこと。いろいろ教えていただいて、感謝です。

↑つくねのチーズ焼き

↑和野菜のポタージュ。ミキサーでとろとろにしています。

「栄養がきちんと取れる野菜。もっと使いたいと思いました」「美味しいですね」

「マツコさんの番組も美味しそうでしたねー」と声をかけていただきました。ありがとうございます。

会場前のホールにはいろいろなパネルを掲示、商品も展示。皆さん熱心に見て、クイズに答えて投票。正解者の中から、抽選でプレゼント企画も。

御礼挨拶は木村専務理事。「冷凍食品は実はおいしく、栄養を保って長期保存できます。本日のお料理を召し上がって『これが冷凍食品?』と驚かれたと思いますが、これが冷凍食品です。ぜひ、スーパーの1品1品を見ていただき、使っていただきたい。新しい発見をしていただけると思います」

イベントには、シニア層を中心に約230人。協会理事や関係者も約40人が出席しました。テレビカメラも昨年より多く9台ほど。夕方のニュース番組に取り上げられました。

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share