6月6日、日本冷凍めん協会の通常総会が都内ホテルで開催され、任期満了に伴う役員改選並びに理事会を経て、和田博行会長(キンレイ社長)が再任となりました。
総会挨拶で和田会長は、RMK:冷凍めん協会認定制度の一層のレベルアップに全力を注ぐ方針を示しました。そして普及・PR活動では「『冷凍めんだから美味しい』をPR、主体的に商品選択されるように」と述べました。また、再任の挨拶では「冷凍めんの定義を明確にしていきたい」と発展を続ける業界の基礎がために言及しました。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA