お肉の会社ですが、ベスト5に意外な人気商品がじわじわ上昇中

「ニッポンハムブランド」の家庭用冷凍食品、日本ハム冷凍食品㈱の最新売上ベスト5商品をご紹介します。発売20年のロングヒット商品「中華の鉄人®陳建一」シリーズをはじめ、新商品やじわじわと人気が上昇してきたお弁当商品もいつの間にかランクイン!

まずは、不動の1位!! 「中華の鉄人®陳建一」シリーズ 「国産豚の四川焼売」(210g=6個)です。1個35gというビッグな焼売が6個。外袋のまま一気にレンジで加熱できます。もちろん小分けトレイなのでお弁当に2個ずつでも可。ふっくら食感で「豚」のうまみを感じられる逸品です。パッケージにはもちろん、四川飯店グループオーナーシェフ陳建一氏の顔写真。

売上第2位は、「黒豚やわらかひとくちかつ」(108g=6個)です。豚、豚ときましたねーさすがです。お皿に盛りつけたパッケージ写真ですが、お弁当にも受けています。しゃれの効いている新商品、日本ハムならではの「ファイターズハムカツ」あたりランキングかと期待したのですが、北海道ではバカ売れしているそうですが、まだ全国レベルではないようです。清宮くん頑張れ!(プロ野球よくわかりませんがなんか好きです)。

続いて第3位は、定番「若鶏ももからあげ」(280g)です。焦がし醤油風味の正統派。「もも」のこだわりがポイントです。

第4位は昨年のニューフェース!!あの味!「若鶏からあげ チキチキボーン味」(102g=6個)です。

新商品でのランクインはすごいヒット、ということです。昨年秋にボリュームパックが発売されたので、今年の春はリニューアル「お弁当フライドチキン チキチキボーン味」に切り替わっています。

ラストの第5位は、なんとエビ! 小分けカップのシリーズで「エビチリ」(80g=4カップ)がランクインしています。人気のポイントは、カップごとに1尾入った大きめのエビ!+ごはんが進むたっぷりピリ辛チリソースです。自然解凍対応で朝入れるだけ、という便利さもいいですね。

さて、日本ハム冷凍食品は新社名スタートして4月に2年目、2017年度4-12月実績は売上高前年比105%推移とのこと。上記人気商品をはじめ、「ニッポンハムブランド」商品は、二桁アップで絶好調ですが、PB対応商品で改廃などあり全社では5%増に。
「春はおつまみ系新商品が好調。コーナー作りが進んでいますね」と近況を語る鶴田社長です。営業拠点の拡大、人員増に取り組んだ1年を振り返り、東日本、西日本それぞれ新拠点に販売増の成果が出ていることを報告。今春は新カテゴリーの米飯「チキチキボーン®味 炒飯」(450g)を発売しました。かなりスパイシーな炒飯なので、夏場勝負!ですね。

チキチキボーン炒飯

 

 

 

 

 

コメントを残す Comment

*

Share