• Home »
  • 冷凍食品 Event »
  • 冷食協「冷凍食品の日」イベント! 松本明子さんが調理、三國清三シェフが東京五輪の食事を語る

冷食協「冷凍食品の日」イベント! 松本明子さんが調理、三國清三シェフが東京五輪の食事を語る

imgp8792

本日、「冷凍食品の日」。日本冷凍食品協会のイベント(会場:ロイヤルパークホテル)、トークショー&試食会、ゲストは、松本明子さん、三國清三シェフ(オテル・ドゥ・ミクニ)でした。

20数年前、テレビバラエティ「電波少年」での松本さんのアポなし訪問を受けた、「被害者の一人ですよ!」と会場を沸かす、三國シェフのトークが冴えてます。

imgp8800

バスケ部、高校生男子子育て中という松本さんは、冷凍食品の愛用ぶりを披露。ミックスベジタブルとハンバーグで『超簡単ベジタブルソースのハンバーグ」。

三國シェフの評価は“星1つ半“と微妙。何がポイントかというと、「盛付け」でした。

ハンバーグが野菜の上、という三國シェフの盛付けの方が美味しそう!

「男子は肉、ですよねー」と松本さんため息。

imgp8822

帝国ホテルでの修行時代、故村上信夫シェフの弟子であった三國シェフは、1964年東京オリンピック選手村の食材に冷凍食品を取り入れた村上シェフの偉業を称え、

「2020年東京オリンピックは、冷凍食品なくして成功に導くことはできない」と断言しました。

シェフはオリンピック顧問会議の顧問に就任されています。

「1964年は10月の開催、2020年は8月ですよ!青果だけで800t必要なんですよ」と三國シェフ。

レタス380円!など野菜が高騰している今、会場には「ん~~」と納得の声が響きました。栄養価そのままというシェフの太鼓判、価格安定の冷凍野菜、冷凍食品の知られざる実力、メリットに皆様納得です。

当日会場にはシニアを中心に214名の方々が来場され(100組200人枠に応募総数694通)ていました。「高齢化社会、1人暮らしも多い。野菜をとろうと思って生のものをけっこう無駄にしている。瞬間冷凍した冷凍野菜はムダがでなくて超合理的」というシェフの言葉に、「ほ~」とため息がシンクロしていました。

imgp8836

試食会用の三國シェフが考案した『洋風野菜とシーフードのクラムチャウダー』を試食した松本さん。美味しくてトーク中もスプーンが止まりませんでした。

imgp8904

和のだしを使用しているのがポイントだそうです。深みがあって、ほんと美味しいクラムチャウダーです。

「ヨーロッパの家庭では1週間まとめて食材を買うことが多いですが、その6割7割が冷凍食品。生のものとうまく組み合わせて料理をしています」

さすが『世界のMIKUNI』。三國シェフは、世界の有名シェフと連携した食育活動にも熱心に取り組んでいます。学校給食向け商品に強い冷凍食品メーカー、ヤヨイサンフーズ(マルハニチログループ)の社会貢献事業、KIDS-シェフにも長年協力されているのです。

KIDS-シェフとは、小学校高学年の児童が五味の授業を受けて、シェフの指導のもとフランス料理を調理して食べる食育授業。12歳までに本当に美味しいものを食体験すると味覚の発達が促される。その味覚体験は人格形成にも大いに影響を与えるとのこと。

「将来の無い皆様はもう間に合わないので、どうぞお孫さん世代に、、」とシェフ、、、、きみまろ風の話術で会場を爆笑させました。。。。

imgp8853

日本冷凍食品協会伊藤滋会長㊧も「すばらしいトークショーだった」とゲスト2人の掛け合いトークに感心しきり。「冷凍食品の強さ、魅力、美味しさを発信していただいた」「冷凍食品は利便性より美味しさが先にくる時代に。もっと身近な食品に、欠かせない価値ある存在になっていく」

第二部の試食会は、ゲスト2人が自信の冷凍食品活用レシピを直接サーブし、さらに盛り上がりました。

imgp8871

imgp8877

TBSはじめテレビの取材も入って、木村均専務理事のコメントも放映。ニュースでは、野菜高騰の中で安定価格の冷凍野菜に注目!という部分も強調。

imgp8911

「冷凍食品の本質的なことを語っていただけました」

imgp8919

協会調理コンサルタントの間野実花先生㊧、田中美子先生㊨も「すごくいいトークショーだったですね~」とご満足。

会場の方々は、、、

imgp8884

美味しくておもわず笑顔。

imgp8917

川越からいらっしゃった仲良し御夫妻、花井邦男さん(80)と美佐子さん(78)。「美味しかった」「お料理が好きなので今まであまり冷凍食品は、、、でも考えが変わりました」と感想をいただきました。

抽選会もあって和やかに進行。

imgp8913

最後のご挨拶は、藤井幸一副会長が登壇、冷凍食品の美味しさ安全性、時短貢献などメリットを語りながら「ぜひ生鮮との組み合わせで活用いただきたい。メーカーも工夫を重ね開発努力し、『ココロにおいしい、冷凍食品』に」としました。

さて、

「冷凍食品の日」のイベントは、30年前からずっと見てきましたが、今年ほど温かい雰囲気で盛り上がったのは初めてかも。

先日、首都圏市販冷食連絡協議会の工場見学会でお目にかかった方から声をかけられました。「エフエフプレスを見てイベントを知って応募したら当選したのよ~」とうかがい、嬉しかったですねー

来られた皆様、冷凍食品っていいんじゃない?って思い始めた方々、すでにヘビーユーザーでもっと知りたいなーと思った方々が多かったようです。これは、日本全国でもこんな現象が起こっているのでは???と期待できそう、です。

【冷凍食品協会の特設ページはこちら】

読売新聞全国版朝刊に広告(10月18日付)を掲載。

三國シェフの冷凍食品活用レシピが載っています。

内容は冷食ONLINEに掲載↓

http://online.reishokukyo.or.jp/susume/161018.html

「YOMIURI ONLINE」内「大手小町」の特設ページ↓

http://www.yomiuri.co.jp/adv/reishoku/

コメントを残す Comment

*

Share