ヨーグルトEPSで”おなかにマスク”! 明治が「ヨーグルト新時代」発表会

「健康をサポートしてくれるヨーグルトの新たな可能性。明治の研究成果を発表します」 明治松田克也社長の宣言で始まった10月4日の記者発表会「meiji New Action 002」(会場:EBiS303イベントホール)。

 

当日が「初の発表」(松田社長)となった研究成果のハイライトは、ヨーグルトができる過程で乳酸菌が産み出す成分「ヨーグルトEPS」が、免疫を活性化させる作用がある、ということ。

免疫学の権威、ノーベル生理学・医学賞受賞の本庶佑先生(京都大学高等研究院副院長 特別教授)から期待のメッセージが寄せられた、注目度の高い研究成果です。

EPS(Exopolysaccharides:エキソポリサッカライド)とは、乳酸菌がその外に産み出す多糖類。「つまりネバネバ成分」(順天堂大学大学院医学研究科 研究基礎センター細胞機能研究室 竹田和由准教授=冒頭写真右端)だそうです。コロナ禍になって健康を維持することの大切さを感じる日々、ウイルスから身体を守る、免疫力という言葉はもう身近なものになっています。免疫活性化作用が解明されたヨーグルトにますます関心が高まりそうです。

当日のトークセッションゲストとして出席した、お笑い芸人、千原ジュニアさんは、「ヨーグルトでEPSを取り入れ、”おなかにマスク”」とキーワードを発信。タレント、朝日奈央さんも「身体の中で戦うドラマ?」と驚きました。

また、京都大学大学院農学研究科の菅原達也教授(冒頭写真㊨から2人目)は、ヨーグルトEPSが野菜のカロテノイド吸収を促進することを解説。慶応義塾大学医学部肝臓内分泌代謝内科の伊藤裕教授(同写真左端)からは、ヨーグルト乳酸菌による腸管バリア強化作用が紹介されました。つまり、食物など口から入るものを介して腸内に取り込まれた有害菌や有害物質が、血管に侵入しないようにする、腸管のバリア機能を強化する作用がヨーグルト乳酸菌にあります。

当日の発表内容は、Twitterライブで一般の方々にも公開されました。

Twitterのトレンド入り(ベストテン内)するほど注目の発表会でした。

会場出席者の特典は、「明治 脂肪対策ヨーグルト」試飲

^^でした。

もちろん、ヨーグルトの各種効果を期待するには、習慣としてとり続ける、ということが重要です。

「ヨーグルト、乳酸菌の明治」として、心身共に健やかな暮らしを提供し、社会に貢献する、という発表会。参加者には、小麦粉を一切使用せずに焼き上げた高たんぱく質・低糖質の乳製品、見た目はパンの「パンド ヨー」(パン店nichinichiと共同開発、同店で限定発売中)も試食提供されました。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA