3年ぶり「令和3年度食品ヒット大賞」に、あのビール!優秀ヒット賞 冷凍食品は「ザ★ハンバーグ」「大阪王将 羽根つきスタミナ餃子」

日本食糧新聞社制定「令和3年度食品ヒット大賞」第40回贈呈式(2月17日、都内ホテル)を取材しました。

全国のスーパーなど食品を販売する現場の推薦をもとに選考委員(亀井昭宏委員長:早稲田大学名誉教授はじめ大手食品中間流通トップ6氏並びに日本食糧新聞社今野正義代表取締役会長兼CEO)が厳正な選考をする、歴史と権威のあるアワードです。
なんと今回、「食品ヒット大賞」の授賞が3年ぶり、ということで、盛り上がりました。大ヒットでなければ大賞はとれない!という、ガチ賞レースなのです。


3年ぶり、令和初の大賞は、アサヒビールの「アサヒスーパ-ドライ 生ジョッキ缶」です。昨年発売されて大人気、入手困難でしたね。納得です。ちなみに、3年前の大賞は、キリンビール「本麒麟」。

冷凍食品じゃないでしょうって? これからが本題の冷凍食品。
見事2品が「優秀ヒット賞」を受賞しました。

味の素冷凍食品「ザ★ハンバーグ」。がつんと旨い牛肉ハンバーグ。昨年秋の新商品です。ガッツポーズは開発を担当した山下さん。おめでとうございます。


↓発表会でリーゼントをきめてのアピールは、イケメンパワー全開でした。
味の素冷凍食品 2021年秋新商品発表イベント

そして、イートアンドフーズ「大阪王将 羽根つきスタミナ肉餃子」!!売れましたよね~

にっこりポーズの山本専務。おめでとうございます。


肉餃子でニンニクマシマシ!岩塩付き! しっかりと生活者ニーズを捉えました。

図らずも冷凍食品での受賞2品がにんにくがしっかりと効いた商品。時代を反映しています。その他の優秀ヒット賞も気になりますね。にんにく背脂、カップヌードルPRO、ひろし、かじるバターアイス、無限エビ、オートミール、マリトッツォなどなど、、、

日本食糧新聞電子版「第40回食品ヒット大賞」


「ヘルシーな朝ご飯ならオートミールちゃう~」ということで、「ケロッグ オートミール」も優秀ヒット賞。日本ケロッグの井上ゆかり社長㊨は、私、山本純子㊧も所属する食品業界女性経営者ネットワーク(WF-NET)のメンバー。祝賀会場で、缶ビールを開けない『エア乾杯』の前に、大河原愛子㊥WF-NET代表(デルソーレ代表取締役会長)と一緒に、受賞祝賀記念撮影をいたしました~。会場には、同じくメンバーの林香与子マルハ物産会長もいらっしゃったのですが、ソーシャルディスタンスだらけの広い会場だったため、残念。

おまけにもう1つ。

三島食品「ひろし」! 熱烈パワー感じました。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA