• Home »
  • メディア »
  • 札幌のエフエムラジオ局『AIR-G’』 4月3日放送『北川久仁子のbrilliant days×F』 午後のテーマは「冷凍食品」

札幌のエフエムラジオ局『AIR-G’』 4月3日放送『北川久仁子のbrilliant days×F』 午後のテーマは「冷凍食品」

札幌のエフエムラジオ局『AIR-G’』4月3日放送の番組『北川久仁子のbrilliant days×F』(毎週金曜日7:30~17:30)で午後のテーマは「冷凍食品」。冷凍食品ジャーナリスト山本純子がコメントいたしました!!(生電話でした)。
AIR-G’『北川久仁子のbrilliant days×F』
巣ごもり需要に冷凍食品。簡単、便利、美味しい、だけじゃない冷凍食品のメリットをこの機会に知っていただきたい、という思いで北川さんのご質問にお答えしました。冷凍食品は「保存料不要」「栄養そのまま」なのです。
冷凍食品を買う時のコツ、家庭での保存などの情報はこちら

そして、北海道の皆様に、日本の冷凍食品は今年で100年。その発祥の地は北海道!とお話ししました。ちょうど100年前の1920年(大正9年)、北海道・森町に日本初の、食品を凍結できる冷凍庫が建設されました。近くの海で獲れたニシン、サバ、イカなどを冷凍したのが(冷凍魚)、日本の食品冷凍の始まりでした。
上記の100周年マークは、一般社団法人日本冷凍食品協会が制作した記念ロゴです。
日本冷凍食品協会「冷凍食品100周年」

毎日新聞 連載記事(2019年12月31日) 「冷凍食品100年 暮らしあたためて」

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share