春を感じるグリーンピースごはんのお弁当

「冷凍」を活用して楽しく美味しいごはんライフを!

冷凍生活アドバイザー養成講座 講師の西川剛史です!

お弁当に冷凍食品は強い味方!

冷凍生活アドバイザーの資格講座第1期生である野菜ソムリエプロの増田智子さんに、主婦目線で冷凍食品を選んでもらい、子育て真っ最中のキッチンから、市販の冷凍食品を使った簡単!お弁当作りを実践してもらう企画、第10回目です!

今回は、デルシー(日本アクセス)の『グリンピース』!

 

冷凍のグリンピースはあまり美味しくないと思っていませんか?

確かに私も昔の冷凍グリーンピースはもそもそして、あまり美味しくないと思っていました。

しかし!今は技術も上がって、とても美味しくなっているんです。

増田さんがお弁当作りにどう冷凍グリンピースを活用されているかご覧ください♫

野菜ソムリエプロで冷凍生活アドバイザー養成講座1期生の増田智子です。
日頃は料理教室や食育イベントの企画運営、試食PRなど野菜や果物の魅力を発信しつつ、子どもたちと一緒にお料理やお菓子作りを楽しんでいます。

 

すっかり春の陽気となりました。ピクニックなどお外でごはんを食べることも多くなってきますね。
今回は春の気分を味わえるこちら。
Delcy『グリーンピース』

冷凍庫に常備しておけば、様々なシーンで活躍してくれること間違いなし!
野菜ソムリエとしてはフレッシュなものを八百屋さんで買ってきて料理してほしいところですが…旬の時期のものを冷凍した冷凍野菜は手間なく美味しく食べられるので、忙しい方にもピッタリ。たっぷり使ってくださいね。

早速アレンジしていきましょう!

『グリーンピースおにぎり』
さっと茹でてごはんに混ぜておにぎりに。味付けは塩だけです。
口いっぱいにグリーンピースの甘味が広がります。
もう1つはプロセスチーズを小さくカットして混ぜ込んでみました。チーズのほんのり塩味がグリーンピースの甘味を引き立ててくれます。

こちらは『グリーンピース入りのカップ卵焼き』
*ミニカップ2つ分の分量*
卵1個、玉ねぎのみじん切り大さじ1、みじん切りベーコン1/4枚分、牛乳小さじ2、砂糖小さじ1/2、塩少々、グリーンピース山盛り大さじ1
すべてを混ぜてカップに入れて、オーブントースターで8分ほど焼きます。

ほんのり焦げ目がついて美味しそう。お好みでケチャップを添えてくださいね。
冷凍のままグリーンピースを入れるので、程よく熱が入り、食べるときにはプチっとはじけて甘みが広がります。何個でも食べられちゃう。


『グリーンピースと柑橘のサラダ』
さっと茹でたグリーンピース、レタス、わさび菜、ラディッシュ、今回はデコポンを混ぜました。この時期においしい柑橘類、オレンジでも文旦などでも合いますよ。
味付けはオリーブオイル、リンゴ酢、ハーブ塩、コショウで和えるだけ。
デコポンの甘酸っぱさ、グリーンピースの食感と甘み。リンゴ酢のさっぱりとしたドレッシングがさわやかです。

『グリーンピースとジャガイモのお焼き』。
ジャガイモを電子レンジで加熱したものと、さっと茹でたグリーンピースを混ぜて程よく粒感が残る程度につぶします。片栗粉、塩コショウを混ぜて形を整え、さっとフライパンで焼き目をつけました。
この時、うまみを出すために一緒にベーコンも炒めました。一緒に食べるとなお美味しい♪

詰めたら完成!全体がグリーンの彩り豊かなお弁当になりました。
味つけを工夫すれば同じ食材がこれだけ入っていても楽しめますよ!
家族のために作る、愛情弁当。

空になったお弁当箱と「ごちそうさま~おいしかったよ!」を待っています。
冷凍食品を上手に使って、おいしくて愛情たっぷりのお弁当を作ってみてくださいね
以上、野菜ソムリエプロ、冷凍生活アドバイザーの増田智子でした。

冷凍グリンピースを使って、こんなにたくさんのお弁当の具材が作れるんですね♫

特におにぎりは、グリンピースそのものが美味しいので、シンプルですがとても味わい深いおにぎりになりますよ!

これからの時期はお花見、ゴールデンウィークにはピクニックにも大活躍ですね!

ぜひ活用してください♪

 

冷凍生活アドバイザー養成講座こちら

220x160px

ベフロティ

冷凍生活アドバイザー・冷凍王子

西川 剛史

http://vefroty.co.jp

コメントを残す Comment

*

Share