大人も子供も大好き!かわいくて黄色いオムレツ入り弁当

「冷凍」を活用して楽しく美味しいごはんライフを! 冷凍生活アドバイザー養成講座 講師の西川剛史です!

お弁当に冷凍食品は強い味方!

そこで、冷凍生活アドバイザーの資格講座第1期生である野菜ソムリエプロの増田智子さんに、主婦目線で冷凍食品を選んでもらい、子育て真っ最中のキッチンから、冷凍食品を使った簡単!お弁当作りを実践してもらう企画です!

今回は、とろ〜りオムレツ!

お弁当にオムレツが入っていると嬉しいですよね♫ お子様はもちろん、大人も楽しめる商品です!

みなさまこんにちは!

野菜ソムリエプロで冷凍生活アドバイザー養成講座1期生の増田智子です。

日頃は料理教室や食育イベントの企画運営、試食PRなど野菜や果物の魅力を発信しつつ、子どもたちと一緒にお料理やお菓子作りを楽しんでいます。

 

今回は小さい子向けのかわいいお弁当をテーマに、小さいサイズのおにぎりとおかずを詰めました。

利用した冷凍食品は 『ニチレイ バター風味のふわふわ卵 かわいい とろ〜りオムレツ』です。

「北海道産生クリーム入り」と書いてあり、どれだけとろーり美味しいのか、気になって買ってみました。

可愛いレモン形6個入りとボリュームは少ないですが、お値段も安くて手に取りやすいです。

一つ一つ切り分けられるようになっていて、必要な分だけトレイごとレンジに入れられるのがいいですね。

そして持ってみて気づきました!持ちやすい!

この形。ちょうど親指と人差し指で挟みやすくて、加熱しても熱くなく、取り出すことができました。

こういったちょっとした気遣いもうれしいな。

一つ試しに食べてみます。中身がとろーり。

確かに!とろーりとなってますよ!そして、バターの風味がして私は好き!うちの子どもたちも好きな味だと思いました。

ケチャップなどつけなくてもこのままで美味しい!

 

では、可愛いサイズのお弁当箱に詰めていきましょう。

*とろーりオムレツ

…パッケージの表示に従い電子レンジで加熱する。

*ミニミニおにぎり

…ご飯をかわいいサイズの三角に握りのりを貼る。

*ウインナー

…お花の形に切ってからゆでる。

*ブロッコリー

…ゆでておく。詰めるときは小さく切って食べやすく。芯のところを輪切りにして型で抜く(写真の星型)とかわいいアクセントに。

*ポテトサラダ

…加熱したジャガイモをつぶしてミックスベジタブル、マヨネーズを混ぜる。

*りんご

…ちょっとだけ飾り切り。

 

これもシンプルでいいのですが…

小さい子にはちょっとだけ可愛くしてあげちゃいます。

…と言っても、おにぎりに黒ゴマで目を、ほっぺとオムレツにケチャップを塗っただけなのですが。。。

見た目が可愛いと喜んで食べてくれることも多いので、幼児さんにはおすすめです。

 

オムレツのとろーりが冷めたらどうなるか気になっていましたが…冷めてもとろーりでした。

お弁当のおかずとしても合格!

 

おにぎりのお弁当にもバッチリですが、やはりオムレツならパンにあうのでは?

オムレツに合わせてミニサイズに切った食パンに挟んでみました。

・オムレツ&ミニトマトサンド

・オムレツ&ブロッコリーサンド

・オムレツ&ポテトサラダサンド

厚みがあるので、安定するように串にさすとバラバラにならずに食べやすいですよ。

ミニサイズのパンをカリカリにトーストして、その上にオムレツのオープンサンドもよさそうです。

 

こちらもお弁当箱に詰めてみました。

かわいいサイズなので、大人の男性にはちょっと物足りないかもしれませんが、いろいろな味を一口ずつ食べられるので女子にはうけること間違いなし!

冷凍食品のオムレツでいろいろと楽しめてしまいました。

 

小さい子は食も細くて、お弁当も小さいものが多いかと思います。

でも、品数は多めに入れてあげたいし。なかなか面倒だったりしますよね。

幼児さんに食べやすいサイズのオムレツ。ぜひ冷凍庫に常備しておいて、一品足りない!という時に入れてあげてください。彩りがいいので一気にお弁当がグレードアップしますよ。味もおいしくて私のお気に入りの一つになりました。

 

家族のために作る、愛情弁当。子どものために作るのは特別愛情がこもります。

空になったお弁当箱と「ごちそうさま~おいしかったよ!」を待っています。

 

冷凍食品を上手に使って、おいしくて愛情たっぷりのお弁当を作ってみてくださいね

以上、野菜ソムリエプロ、冷凍生活アドバイザーの増田智子でした。

 

冷凍オムレツを使った可愛いお弁当でしたね!

朝からオムレツを作るのは大変ですが、この商品を活用すればとっても手軽ですね。しかもきれいな黄色は、食欲を増すワンポイントになります。

さらにちょっとした一手間で、お弁当が一段と可愛くなりました。さすが!!お弁当を開けた時の、お子さんの嬉しそうな表情が想像できる素敵なお弁当です!

ぜひ参考にしてください♪

 

冷凍生活アドバイザー養成講座

監修・講師

西川 剛史

http://vefroty.co.jp

コメントを残す Comment

*

Share