• Home »
  • 冷凍食品道場 入門編 »
  • 冷凍食品道場 入門編【その6】ホームフリージングすると美味しくて便利な「きのこ」~論文にした方、石黒弥生さんにFOODEX会場で出会いました

冷凍食品道場 入門編【その6】ホームフリージングすると美味しくて便利な「きのこ」~論文にした方、石黒弥生さんにFOODEX会場で出会いました

FOODEX JAPAN2019 会場で紹介されて名刺交換した料理研究家/栄養士・きのこアドバイザーの石黒弥生さん。ステキな方ですね。「きのこが冷凍して美味しくなるという論文を初めて書いたのは私」とうかがいました。そうなんですか!「論文はWEBで読めるはず」ということで、検索してみると2006年でした。

よく、「冷凍して美味しくなるものは?」と聞かれますが、迷わず「きのこ」と言っています。特に椎茸は自分でも実践して重宝ですので熱くオススメ。使い勝手がよいようにカットして、小分けにラップしてフリーザーバッグに入れてホームフリージングしておくと便利です。食感や風味は少々変化しますが、生椎茸とは違った美味しさが味わえます。凍結したまま鍋に入れるのがミソ。余ったえのきもサクッと切ってフリージング。美味しいお味噌汁の具になります。

さて、石黒さんらの論文、「冷凍した食用担子菌類の嗜好性」(日本食生活学会誌2006 年 17 巻 3 号 p. 247-254)。6種類のきのこを家庭の冷凍庫で凍らせて、実験しています。「キノコ飯」の調理までして感応検査結果をリポートしていて興味深く、醤油味と塩味の差まで言及していて説得力があります。勉強になりました。

コメントを残す Comment

*

Share