• Home »
  • 冷凍食品 News »
  • 【ブランド別 ベスト5】ケイエス冷凍食品 「肉団子魂」! トップは「鶏つくね串」

【ブランド別 ベスト5】ケイエス冷凍食品 「肉団子魂」! トップは「鶏つくね串」

「肉団子魂」! 肉だんごに熱い!営業の方々がいらっしゃいます。お手製なのか英訳いまいちがご愛敬♪

ケイエス冷凍食品の家庭用冷凍食品、売上ベスト5をご紹介いたします。


第1位 国産鶏 鶏つくね串
お弁当にもコンパクトに収まる丸いつくね2個串。自然解凍でもOK。おつまみにもぴったりで、電子レンジで解凍してアツアツをどうぞ。1993年春に発売されるや大ヒットだったと記憶しています。わが家でも「トリは見るのも食べるのも大好き」な娘のお弁当によく使いました。昨年リニューアルしてさらに美味しくなっています。


第2位 国産肉 肉だんご
昨年発売45周年を迎えた看板商品です。大幅リニューアルを実施して、お弁当もいいけど食卓のメインのおかずにも十分満足できる商品になりました。

余談ですが、イトーヨーカドーのPB「EASE UP」、使い切りサイズの肉団子やミートボールはケイエス冷凍食品の製造です。最近は製造工場を記載するようになっていますので、ぜひチェックして、「魂」を感じてほしいです。

もちろん、「肉団子魂」は業務用商品でも発揮しています。


第3位 おべんとう ごまだんご
これは便利なお弁当用スイーツ。いわゆるすき間埋めメニューにピッタリです。中華のメニューですが、中華っぽく過ぎないところがいいところ。2018年春にリニューアルして好調です。


第4位 エビのチリソース
これもケイエス冷凍食品の伝統商品です。ケイエス冷凍食品、現在はテーブルマークと同じJTグループ企業ですが、旧社名は「ユニチカ三幸」。1972年、大阪の佃煮の老舗㈱三幸が製造した冷凍食品を、異業種である繊維大手企業のユニチカ㈱が新規事業部門として営業全般を担当する、というスタートでした。赤と白のチェッカーフラッグのマークは当時から受けついでいます。事業を開始して「肉だんご」の次にヒットしたのが、1984年発売のエビチリ(当時の商品名はエビのチリソース煮)でした。なんと、そのエビチリは、「無添加」表示の第1号だったのです。これは印象深い商品でした。安心・安全をうたった業界第一号と言ってもいいでしょう。今もそのポリシーを受け継いでいるはずですが、パッケージ表面では訴えていませんね。奥ゆかしい感じがします。


第5位 北海道ジャーマンポテト
ほうれん草玉子ロールのランクインを予想していましたが、おっと、第5位は北海道協力工場で製造しているカップ入りのお弁当商品です。北海道産のじゃがいも・たまねぎ・にんじんを使用。スライスウインナーが乗っかっています。

以上、2018年1月~11月までの累計売上ランキングをご紹介しましたが、ついでに2018年秋からの注目商品も!

かわいいですね。実はこの「チーズちくわ」、発売20年近くが経過するロングラン商品なのですが、昨年秋にリニューアルして縦型のポップなパッケージにしたら、じわじわとヒット商品に、、、元から独自ブレンドのチーズフィリングが美味しい商品です。かつては竹輪型でしたが、丸くかわいい形に。お弁当よし、おつまみよし。

 

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share