• Home »
  • 特集 »
  • 【特集】ありそうでなかった!「日清スパ王プレミアム しらすのペペロンチーノ」。日清食品冷凍で石川プロダクトマネージャーに開発秘話を聞く

【特集】ありそうでなかった!「日清スパ王プレミアム しらすのペペロンチーノ」。日清食品冷凍で石川プロダクトマネージャーに開発秘話を聞く

スパゲティの人気メニュー、「じらすのペペロンチーノ」。冷凍食品では、当然ありそうで今までなかった!ということで、2018年3月、待望の新発売です。日清食品冷凍「冷凍 日清スパ王 しらすのペペロンチーノ」(1人前、256g)です。発表会でひと足先に試食いたしましたが、たっぷりめのプリっとした「しらす」がGood!よい香りが漂います。魚っぽくはなく、さわやかな風味も。もちろん、冷凍日清スパ王シリーズの特長である、デュラム小麦のセモリナ100%使用のイタリア産スパゲティは、絶妙なアルデンテに仕上がっています。もし、イタリアンのお店で黙って出したとしても、誰もが納得する味わいでしょう。

冷凍スパゲティの開発プロフェッショナル!日清食品冷凍、石川プロダクトマネージャーに、しらすのペペロンチーノの開発経緯をうかがいました。

―石川さん、美味しくて良い商品ですね。「売るぞ!」って感じでポーズいただけますか?

「こんな感じですか?」

―いいですね。笑顔でおいしさが伝わりそうです。

―ペペロンチーノは各社からいろいろ出ていますね。最近は具だくさんペペロンチーノが流行りのようですが、あえて「しらす」なんですね。

「実は人気のイタリアンレストランやスパゲティ店では、しらすのペペロンチーノは常に上位メニュー。しかも若い世代の方々に人気があります。しらすは春の食材というイメージがありますが、春、夏、秋それぞれ美味しい素材が獲れます。一方、冷凍パスタの売れ行きを見ると、ペペロンチーノなどオイル系パスタは、トマト系やクリーム系の次という感じ。外食店での人気メニューを研究してみると、オイル系メニューは、旬の食材や自分の好きな食材が使われていることで選ばれている、と気づいた訳です」

―なるほど。量での解決ではなく、心に響く具材、戦略ですね。しらすはパスタばかりではなく、ピッツァのトッピングでも人気です。

「販売店にご紹介したら、待っていたよ、即採用!という商談が続きました。店頭配荷は、この春、おそらく当社製品のベスト5にいきなり入るかもしれません」

―美味しいですから、納得します。でも、しらすには、小さいエビやイカも入っていたり(それはそれでかわいいけれど、、、)商品化となると選別が難しく、扱いにくい食材ではなかったですか?

「いわゆる『モンスター』のことですね。しらすペペロンチーノは、かねてからずっと商品化したいと思い続けてきたメニューですが、確かに少し前までは難しく、Goサインを得られませんでした。でも最近は良い選別ができるようになって、安心して利用できるようになってきました」

―試食したら、ひじょうにさわやかな風味が気に入りました。何かお手本にしたメニューはあるんですか?

「いろいろ食べ歩き、ここ!というレストランに何度も行きました。『今日はシラスは入荷しているか』としつこく何度も電話したので、またか、怪しい奴らだ(笑)と思われていたと思います。柑橘系の酸味を加えることで、しらすの美味しさを引き出すこと、それはシチリアのイメージと考えました。商品にはビネガーを加えることで、にんにく・オイルの味わいもすっきりしたものにできたと思います」

―海、レモン、青い空というイメージが浮かびます。「葉大根」入りというのも美味しさを増しているように思います。

「唐辛子、パセリは定番ですが、何か青菜の具を入れようと考えて、お決まりのほうれん草や小松菜ではなく、少し変化球にしました。とはいっても葉大根は、おにぎり用の混ぜ込み具材などにも使われていて、なじみのある食材。皆様に気に入っていただけると思います」

―オイル系パスタのヒット商品に!期待大ですね。ありがとうございました!

【取材を終えて】石川プロダクトマネージャーは、「黒」「赤」「白」など色にこだわったメニュー開発や昨年末の限定メニューでは、キャラメルソースを仕上げにかけるという「カルボナーラ★キャラメリゼ」を提案するなど、ワクワク商品の開発も得意とする方。ちなみに年末のキャラメリゼアートのビデオ公開はSNSで評判になり、50万回のアクセスがあったとか。今回、念願のしらすメニューの開発秘話も楽しく拝聴しました。

コメントを残す Comment

*

Share