縦型パッケージに注目! パスタ1食の1/4が具! 「オーマイ具の衝撃」

どうやら時代は縦型パッケージ。新市場、新需要開拓のために、今までとは違う商品として認識してもらえるように『横のものを縦にする』現象が家庭用冷凍食品売場で起こっています。古くは置き方で縦横両方対応するパッケージが流行った時期がありましたが、最近は『縦』。中でも日本製粉は2013年秋に発売した「食べるスープ」(後に終売しましたが)あたりから、これまでとは違う縦型パッケージの商品に取り組んできました。シリーズで定着してきたのは「オーマイ レンジで美味しいごはんのおかず」。

7品目になる2018年春の新商品は、「三種の野菜と白身魚の南蛮漬け」(140g、トレー入り)。これ、美味しいです。時流に合わせて、おかずにもおつまみにもとビールのアイコンを付けることにしました。
えーっと本題です。バイヤー注目のパスタニューウェーブ、期待商品です。

先日、日本アクセス主催のバイヤー投票で3位で入賞しました。
日本アクセス 新商品バイヤーズグランプリ2018
具がたっぷり、総重量の1/4以上が具のパスタです。日本製粉の「オーマイ 具の衝撃」2品
「ペペロンチーノ」なのにベーコン、チョリソーとタンパク質がしっかり!さらに、揚げなす、ブロッコリー、赤・黄パプリカ、ニンニクはもちろん!フライドガーリック入りです。自社製品比5.5倍の具(オーマイ パスタ!パスタ!ペペロンチーノ比)です。

もう1品は、「バジルトマト」

トマトソースとバジルソースのWソース仕立て。海老、ダイス状モッツァレラチーズ、スナップエンドウ(この存在感がすごい!)、ブロッコリーの具です。

気になるお値段。「オープン価格ですが、500円相当(参考価格)」(冷凍食品部宮田部長)とのこと。おっと、いつも買っている商品より高いの?! 実物はこれです。

なるほど。「圧倒的な具材量」という説明に納得でした。

もうひとつ、縦型パッケージの「TOKYO PASTA」です。

パスタをゆでて、ソースを湯せんしてからパスタにかけて合える、Ready to Cookタイプの本格パスタです。好評に応えて、限定販売から定番に切り替わりました。「一度に2食、3食作ることができます」(大原主幹)。なるほど、です。

コメントを残す Comment

*

Share