2020年秋、大阪王将史上最高に旨い炒飯!!が登場 「焦がし醤油炒飯」

聞けば、イートアンド社内では、仲田社長はじめ「これは旨い!」「今までにない、最強に旨いのではないか」と仕上がりを喜んだそうです。ということで、パッケージに『大阪王将史上最高に旨い炒飯』と印刷することに。このノリがまさに、大阪王将。2020年秋新商品「焦がし醤油炒飯」(300g)、8月下旬から順次全国発売されます。

写真は発表会での試食品です。見た感じは普通のチャーシュー、卵、ネギの炒飯ですが、叉焼は九州産黒豚を使用、ローストしょうゆオイル、ローストしょうゆパウダー使用で香ばしい醤油味と風味が漂います。なんとなく後をひくうまみは、肉のエキスと酵母エキスで奥深い味わいをつけ「やみつき感」を演出しています。ごはんの間に少し赤く見えるのはにんじんです。イートアンドが今年秋季から導入した5フリーマーク(香料・甘味料・着色料・保存料・化学調味料を不使用)の商品です。

大阪王将ブランドの市販用冷凍食品2020年秋の開発テーマは「おうちで外食気分」です。家庭では難しい味わい深い炒飯、パラパラ炒め感のある炒飯です。

えー史上最高ということは、同社炒飯の人気アイテム「直火で炒めた炒飯」(400g)は8月下旬から二番手になるわけですね。

改めて食べてみると、これはガッツリ食べる『男飯』のイメージです。チャーシューは同じく九州産黒豚を使用しています。ガッツリか、旨い焦がし醤油味か、2020年秋から外食メニューのように選べますね。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA