気軽に名店の味。おばあちゃんの銀座・巣鴨で人気の「古奈屋カレーうどん」は今月からレベルアップ

スーパーでの2月の冷凍食品販売額ランキングを専門紙でチェックしていたら、おっと冷凍めんジャンルで「冷凍 日清古奈屋(こなや) カレーうどん」(日清食品冷凍)が良い位置にいるではありませんか。
「古奈屋」は、赤いパンツの流行がなつかしい“おばあちゃんの銀座“、東京・巣鴨で1983年から営業しているカレーうどん専門店です。クリーミーなカレーうどんが人気爆発、現在では関東エリアで店舗も増えて、韓国にも進出しているとか。
そんな人気の味わいを冷凍うどんで再現したのが、この商品。2013年の発売ですが、今月リニューアル!!

写真は、袋を開けた中身です。麺と一緒に急速凍結した黄色いのはマイルドカレースープ。具は、豚肉、きざみ揚げ、かまぼこ、ネギ。そして、右の銀色の袋に入っているのが粉末のスパイシーカレースープです。クリーミー&スパイシーなスープで人気の味わいに近づき、一層美味しくなっています。

さらに、麺も角立ちが良くもっちりした食感の包丁切りうどんに改良しています。

さて、見ていたランキングは、「1店あたり」の販売額ランキング。スーパーによっていろいろな品揃えですから、全店舗レベルでの販売額で上位にくるのは、取り扱い率の高いおなじみの人気商品。でも、取り扱っている店でどのくらい売っているのかというランキングで見てみると、その実力が分かります。「いつも買ってくれるファンがいるんだな~」ということですね。もちろん冷凍めんの場合、上位はほとんど、いろいろなブランドの「さぬきうどん」が占めるのですが、次に実力のある具付きめんが登場します。で、古奈屋カレーうどんは21位。今回のリニューアルでまた格段と美味しくなっていますので、ファンにも喜ばれることでしょう。

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share