美味しい冷凍そばにな~れ、幌加内産新そば、まもなく収穫!

北海道幌加内町、日本一のそばの産地です。

香りよく、薄緑の色合いが爽やかな新そば、まもなく収穫です。

「昭和40年代半ば、減反制作が始まったとき、数軒が、そばでも作ろうか~というのが始まり。5~6年で日本一(1980年)の産地になった」と北村忠一さん(北村そば農場代表)。

今では町の農地の8割はそば畑だそうです。

訪ねた北村そば農場は、その規模185ha。
端から端までカメラに収まりませんでしたが、散歩中のワンちゃんの様子からその広大さが分かると思います。

一面白いそばの花が咲く7月末~8月中頃までの風景は圧巻とか。
IMGP7679

IMGP7680

IMGP7690北村そば農場は、東京本社の麺専業メーカー、シマダヤ㈱の契約農場です。写真はシマダヤの牧実会長㊧、農場主北村忠一さん。

北村さんは、先陣を切って大型コンバインによる収穫(2002年~)を導入したり、安心安全・環境保全の厳しい条件をクリアして「JGAP(ジェイギャップ)認証」を取得(2009年11月)するなど、かなり意欲的な生産者。毎年5万人が訪れるという超人気イベント「幌加内町新そば祭り」の発案者でもあります。

DSCF4340

すごいですね。スピーディに、そばの実だけを選別して畑から収穫できます。

DSCF4335

収穫したそばの実は、乾燥させて保管。

で、そのスゴイ保管設備も見ました。低温倉庫なのですが、なんと超近代的な「氷室(ひむろ)」です。

さすが、極寒日本一(マイナス41.2℃)の記録を持つ町。下は今年4月1日に入れた雪ですが、500t入れて、まだ残っています。HIMUROS(byサタケ)という名前の倉庫システムです。

DSCF4352
DSCF4356倉庫を説明してくれたJAきたそらち幌加内支所の楠木貴博さん。大きな扉を開け閉めしていただき恐縮。

倉庫の名前は、

DSCF4374

雪の御殿 !

DSCF4368

静かでクリーンな庫内に保管されているシマダヤ向けのそば原料。管から冷気が降りてきて庫内がひんやり13~15℃。

今回のルポは、もちろん冷凍食品。

私の大好きなシマダヤの冷凍麺「北海道幌加内産そば使用 石臼挽きそば」のルーツをたどる旅です。

これです↓

IMGP7584

あっとチルドのパッケージですが、、

冷凍もあります。

冷凍 北海道 幌加内産そば使用 石臼挽きそば 3食

これは、家庭用ですが業務用もあります。

DSCF4396

DSCF4400

幌加内から札幌に向かう途中、日本最北のSA「砂川SA」で提供している、シマダヤの冷凍めん「北海道幌加内産そば使用 石臼挽きそば」を使ったメニューです。

美味しそうでしょう。

美味しいです。

産地が明確、生産者直結、そして、お互いの信頼関係を構築して確かな品質の原材料での製品作り。

「良いものを出しているという自負がある。シマダヤに直接納めるということは、『悪いものは出せない』という緊張感になる」と北村さん。

北村さんの言葉を受けて、牧会長もうなずく。JGAP認証農場で栽培されたトレーサビリティ万全の原料、生産者の思いを受けて工場でもしっかりと、よりよい良い製品作りをする。「これが品質保証につながる」

原料産地に来るとワクワクしますね。

今回のもうひとつの目的、「幌加内町新そば祭り」の話は後ほど。

失礼いたしました。

なんて読むの?って、「ほろかない」です。

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share