冷凍食品新商品

専門店のソース「三代目たいめいけん監修ハンバーグ」、これはうまい!「ささみミックスビーンズ」~ニチレイフーズ

ニチレイフーズの2024年春季新商品の注目アイテム、「三代目たいめいけん監修ハンバーグ」1個入(165g)、
発表会の試食で、そのおいしさに驚いた「ささみミックスビーンズ」250g。2品とも3月1日全国発売です。

日本橋の老舗洋食店「たいめいけん」の三代目、茂出木浩司シェフとのコラボにより開発した「三代目たいめいけん監修ハンバーグ」は、アンガス牛と豚肉を合わせてジューシーに仕上げたハンバーグに、ブラウンルーから丁寧に作ったデミグラスソースという商品。袋のままレンジで解凍調理、袋ごとボイリング調理の両方に対応するパッケージで、パーソナルユースにも、家族揃っての食事シーンにも対応します。


試食品です(半分)。まろやかでコクのあるタイプのデミグラスソースは、さすが洋食店の味わい。『自家製』とパッケージに書いてあるのは、ニチレイフーズ船橋第二工場の自家製です。ハンバーグは食卓出現率が高いメニュー(鶏の唐揚げに次いで2位、3位は豚肉のしょうが焼き:食MAPより)ですが、食卓に並ぶのは冷凍食品以外のハンバーグがほとんど(手作り市場規模905億円、冷凍食品179億円:同社推察数値)。「つまり、冷凍食品の成長余地が大きい。ケチャップなど簡易なソースではなく、外食店品質のソースで従来の極上ハンバーグを進化させます」(清川吾朗執行役員家庭用事業部長)とのこと。
夕食向けの本格ハンバーグとして注力してきた「極上ハンバーグ」からのバトンタッチですので、かなり力のこもった新商品です。
三代目たいめいけんシェフ監修商品では、既に「たいめいけんドライカレー」(430g)が定番品として人気ですので、ファンの期待に応えるコラボ第二弾でもあります。

「ささみミックスビーンズ」の試食品です(写真の左手前)。他の新商品と一緒に朝ごはんプレート風に試食提供されましたが、なにより、そのおいしさにびっくり。ほぐした鶏ささみ、3種類の豆(大豆、枝豆、レッドキドニー)をミックスして薄味仕上げ。自然解凍してそのまま食べておいしく、サラダのトッピング、料理の素材としても利用できます。
動物性たんぱく質と植物性たんぱく質が一度に取れるすぐれもの。1袋(250g、チャック付き袋)あたりのたんぱく質量は30g以上です。生産工場は、山東日冷食品。
2023年秋発売の「ささみブロッコリー」(260g)の好評に応えての、新ミックス商品です。この路線の新ジャンルは、ウエルカムですね。ひとつひとつ揃える必要がなく、便利で、いつもフレッシュに使えるという冷凍のメリットが生かせます。

さて、新商品で作ったモーニングプレートで使用されていたのは、

「アンデス育ちのブルーベリー」(400g)と、
「朝にGood! パンケーキ(メープルクリーム)」8個入(208g)です。

ブルーベリーは北米産が主流ですが、新商品は新産地、チリ産。チャック付きの大袋入りです。冷凍野菜に強いニチレイフーズですが、実は冷凍フルーツは2品目。他1品は「ニチレイアセロラ」です。

パンケーキは朝ごはんニーズを狙う戦略商品と言えます。コバラ満たしやお子様のおやつにも良いかと思います。生産は、同社のスイーツ看板商品である「今川焼」と同じ、グループ工場のキューレイ(福岡)です。今川焼と同じ生産ラインで、このメープル風ソースをサンドしたミニタイプのパンケーキが焼けます。4個で食物繊維1/3日分(日本人の食事摂取基準 30~49歳女性目標値で)取ることができます。また、カルシウムは牛乳1杯分相当(200ml、228mg)。
並べてみると、兄弟!という感じです。

今春の今川焼新商品は、プレミアムタイプの商品。
「今川焼(クリームチーズプレミアム)」4個入(252g)です。今川焼バリエーションの中でも再販要望が多く寄せられているクリームチーズで、プレミアム感を打ち出した商品です。従来の今川焼シリーズが5個入に対し、4個入ということは、それだけ素材がプレミアム、ということ。クリームチーズ配合過去最高です。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA