PR特集

【特集】オフィスに『置き冷食』1食税込100円 or 200円!! 人気№1は? 健康に配慮したSLC・社食サービスは、約1万人の組織力がサポート

働き方も食のスタイルも、かなり自由になってきた今日この頃ですが、家での食事も、職場でのランチ、あるいはコバラ満たしでも、好きな時間に、手早く、そして健康的な食事をとりたいもの。そんな時にぴったりなのが冷凍食品です。

テレワークが積極的に推奨されていた時期は、冷凍食品のランチが高く評価されて、以降定着したように感じます。手早く用意できて、すぐ片付けられると、かなりファンが増えました。

そこで今回の特集テーマは、

「オフィス プレミアム フローズン(O.P.F)」です。

そのまま訳せば、職場の上質な冷凍食品。つまり、家庭用の冷凍食品ではなく、いえ、もとい、召し上がっていただくのは、家庭用のプレミアムな冷凍食品なのですが、オフィスの皆さまに気軽に、いつでも、しかも1食100円、200円とリーズナブルに召し上がっていただける冷凍食品を提供する社食サービスなのです。

運営するのは、冷凍食品の宅配企業最大手として歩んだ歴史は50年以上、どこにも負けない美味しさと、安全、からだに良い冷凍食品を追究し続けてきた、SL Creations(エスエル・クリエーションズ、東京都大田区羽田、佐藤健社長)です。O.P.Fを新規事業として取組んできて7年目。近年急伸してブレイクしているサービスです。

そう、従業員の働きやすさは、即企業の価値につながる時代なのです。

オフィスでの設置例がこちら(5月開催の「福利厚生EXPO展示会場スナップ)。

簡単に言えば、従業員が自由に食べた分だけ払えば良い『置き冷凍食品』。

設置に伴う初期費用は0円で、企業が月額36,000円(税抜)負担する約束で、すぐスタートすることができます。従業員の利用料は、商品単価税込100円もしくは200円のみです。

メニューは80種以上あります。1台契約あたり、160個まで利用できます。それ以上の利用は、2台目設置となりますが、2台設置で70,000円(税抜)、3台設置102,000円(税抜)、、、と割引価格に。親切です。

パックごはんや

レトルトカレーもあります。SLCが独自開発した、宅配システムで人気の商品です。

気になるのは、冷凍食品のメニューですね。SLCのラインナップのほか、一部O.P.F専売商品も用意しています。100円、200円とリーズナブルに利用できるのは、企業が月額基本料を福利厚生費として支出しているからなのです。


食べたい時間に食べたいものを選んで(パスタはじめ麺類は200円)、

貯金箱にお金を入れて(スマホでのキャッシュレス決済も対応)、表示通りにレンジ調理すればOK。紙皿はじめ食器も用意されていてとても便利です。

一番の人気商品は、「チーズバーガー」(100円)だそうです。

2位は「えびと野菜の彩りピラフ」(100円)、

3位は「甘辛ごまチキン(ささみ肉使用)」(200円)です。とてもリーズナブル。

「甘辛ごまチキン(ささみ肉使用)」は、そのままおかずにするほか、オフィスでも簡単なアレンジができます。

たとえば、ごはんに乗せて丼に。


おすすめは何ですか?と聞いてみたら「Remake BODY!」とO.P.F事業部東日本オフィスの中川氏。昨年新開発した低糖質シリーズです。もうラインナップに入っているのですか?!ということは100円、200円で提供できるのですね。それはすごい。

実際のオフィス導入事例(愛知・東洋製版㈱豊橋工場)を見てみましょう。

飲み物自販機もあり、従業員の皆さまがくつろげる一角にコンパクトに設置されていますね。いつでも利用できるO.P.Fは、自販機に匹敵する便利さを提供しています。

O.P.F事業部の鈴木雄二室長に、ブレイクの背景をうかがいました。

-事業展開7年目ですが、現在の導入数は?

鈴木室長 約800事業所です。今年は1000事業所が目標です。さらに来年はその倍も狙えそうです。

-急ピッチですね。それだけ求められている背景は何でしょう。

鈴木室長 人手不足の昨今、福利厚生の充実は企業にとって重要な課題です。さらに「健康経営」が話題になるほど、企業は従業員の健康管理に対し、より一層配慮するようになりました。

健康管理のために野菜を摂取してほしい、からだに良いものをとりましょう、と言うだけでなく、O.P.F利用なら具体的に、例えば100円で手軽に原材料を吟味した野菜を使ったお惣菜やスープがサイドディッシュで食べられます。商品製造時に化学的合成添加物不使用というルール※も、導入企業に高く評価いただいています。

-企業が負担するのは、毎月の利用料と設置場所、電気代のみですね。

鈴木室長 そうです。商品と備品の補充、利用料金の回収は、全国1万人の販売員、シュガーレディが行います。現在、北は仙台地域まで、主要都市圏内で対応可能です。宅配便などを使用する他社サービスと異なり、商品をよく知っている販売員が対応している点が当社の優位性だと思います。

-日頃、冷凍食品をよく理解していて、しっかりと温度管理をして納品できる。料理や健康管理についても研修で学んでいる販売員は、導入企業にとって頼もしいパートナーですね。

鈴木室長 積極的にO.P.FのPRに取組んでいる販売チームが多くなってきました。企業に通ううちに商品を評価されて、おせちの注文をいただけたり、無添加調味料について感心をもっていただいたりと、宅配事業に良い波及効果もあるようです。販売員は皆さん、コミュニケーションのプロですからね。

-確かに! 納品の時の楽しそうな会話が聞こえてくるようです。他に、新しい動きはありますか?

鈴木室長 オフィス以外の導入例も増えています。例えば、中規模のクリニックのスタッフ用。時間が不規則ですから24時間いつでも選んで食べられるというメリットがあります。他にも、学習塾、専門学校、大学食堂など。キャッシュレス決済の導入によって、さらにお客さまの幅が広がっています。

-まだまだ導入事例が増えそうですね。消費者が冷凍食品を手に取ることができる、新しいアクセスポイントとして注目しています。ありがとうございました。

※1996年以来、SLCが守っている安全宣言。指定添加物472品目不使用

オフィスプレミアムフローズン 公式サイト

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA