冷凍食品新商品

ケンミン食品がグルテンフリーラーメン第二弾発表!「鶏清湯のすっきり柚子塩ラーメン」 


「ケンミン焼ビーフン」でおなじみのケンミン食品が手がける、冷凍グルテンフリーラーメンの第二弾! 「鶏清湯(とりちんたん)のすっきり柚子塩ラーメン」発表会が1月18日、都内のABCクッキングスタジオ丸の内グラウンドで開催されました。

昨年5月発売の「黄金の鶏油(チーユ)しょうゆラーメン」同様、ケンミン食品の「GF RAMEN LAB(グルテンフリーラーメンラボ)」と、米国・ボストンで人気のラーメン店「Tsurumen Davis」を経営する大西益央氏とのコラボ開発商品です。


麺もスープもグルテンフリー。その味は、すっきりラーメンです。半分の量の試食品をいただきましたが、柚子の香りでさわやか、「みやざき地頭鶏(じとっこ)」と水、酒のみで煮込んだスープは味わいよく、食べ進むうちに唐辛子の辛みが出てきて味変していく不思議なラーメンです。塩は淡路島産藻塩です。GF中太麺は、つるんとした舌触りでコシがあります。
スープ、飲み干せますね。

「大西さんと私共の思いが一致した。誰かの役に立てる、人を思う事業です。共感いただける方々と輪になっていければ」とGFラーメン事業への思いを語ったケンミン食品の高村祐輝社長。昨年の第一弾ラーメンには、アレルギーのお子さんを持つ方から「家族みんなで食べられた」など、多くの感謝のメッセージが寄せられています。
また、ケンミン食品のオンラインショップで、グルテンフリー焼そばが人気1位になっていることも披露しました。

大西氏は「本格的な店レベルのものを家で食べてほしい。最後まで楽しめる味」と新商品を説明、ボストンの店で「グルテンフリーのメニューはどれですか?とよく聞かれるくらい、アメリカでは当たり前のことになっています」と語りました。


「第一弾からファンになった」という音楽プロデューサー・DJの田中知之氏を特別ゲストにトークショーも行われました。アレルギーを持たない田中氏ですが、ファスティング(断食)やグルテンフリー期間を定期的に作り、体調管理に役立てているとのこと。大西氏も有名スポーツ選手がパフォーマンス向上のためにグルテンフリーを実施している例を挙げるなど、世界のトレンドとして紹介しました。
ボストンのお店では、スープはそのままに、3ドル追加で麺をケンミンのGFラーメンに変更しているそうです。

今回の発売を機に、大西氏はケンミンGFラーメン(乾麺)の米国代理店にもなり、現地での普及を開始します。

大西益央監修グルテンフリーラーメンを食べてみたリポート

GF RAMEN LAB 特設サイト

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA