ピエトロの冷凍食品新メニュー ドリアに続いて「グラタン」3種、9月発売

福岡発のレストラン、ピエトロは、家庭用冷凍食品『洋麺屋ピエトロ』ブランドの新シリーズとして「グラタン」3品を9月1日発売します。
『洋麺屋ピエトロ』では、ロングパスタ(5品)、ドリア(3品)に続くグラタンのラインナップ。グラタンに使用しているパスタは、ロングパスタ同様、イタリア最古のパスタメーカー「AGNESI(アネージ)」社製のショートパスタで、3品とも、フリッジ(らせん状パスタ)とペンネ リーチェ(ねじれた形状の溝のあるパスタ)を2種使用した、ちょっとアッパークラスのグラタンです。

王道、海老グラタンは、自家製ホワイトソースとアメリケーヌソースを合わせた贅沢仕上げの「海老のアメリケーヌソースグラタン」(210g、希望小売価格・税抜850円)。

「焼きカルボナーラグラタン」(205g、希望小売価格。税抜800円)は、自家製ホワイトソースと自家製カルボナーラソースを合わせています。ベーコン、玉ねぎの具。

「サーモンとほうれん草のバジルクリームグラタン」(200g、希望小売価格・税抜850円)は、自家製ホワイトソースとバジルクリームを合わせたグラタン、アトランティックサーモン、ほうれん草の具。

左から、ベーコンたっぷりの焼きカルボナーラ、大ぶりの海老が印象的な海老のアメリケーヌソース、色合いもよいサーモンとほうれん草のバジルクリーム(レンジ調理前)。3品とも間違いないおいしさですが、なんとも新鮮みがあって美味しいのは、サーモンとほうれん草のバジルクリーム。

バジルクリームは、同社レストランのパスタメニューでも人気のソースだということで、納得です。

ちょっと気分を上げたい時の夕食、友人を招いてワイン、などの時に活躍してくれる一品ですね。

『洋麺屋ピエトロ』シリーズのパスタは、2021年度実績で前年比154%(販売数量比)と大好評を得て販売を伸ばしています。先行の『シェフの休日』シリーズより買い求めやすい780円(税抜)という価格帯で、プレミアム感が味わえるパスタとして人気を得ています。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA