SLCの冷凍食品『Z’s MENU』がデパ地下に登場します! 阪急うめだ本店の地下惣菜売場に6月9日常設店開店

SL Creations(エスエルクリエイションズ、本社・東京、佐藤健社長)の冷凍食品『Z’s MENU』がデパ地下に登場します。2021年6月9日、大阪の阪急うめだ本店地下惣菜売場に、『Z’s MENU』の厳選アイテムを販売する常設店がオープンの運びとなりました。

YouTubeにアップされた阪急うめだ本店の動画を観ると、同店の本気度合いが分かります。冷凍食品の売場ができる、という情報に懐疑的な同店広報米田さんが、バイヤーの岩本さんらの解説を受けながら、Z’s MENUを試食。「想像を何段階も超えた味」と驚きます。

特にクローズアップされた商品が「リブロースステーキ~オニオンソースを添えて」でした。焼き加減、美味しさ、オニオンソースのうまさ、すべて絶賛。注目を集めそうですね。

余談ですが先日、45年くらい前の冷凍食品はどうだったのか?という調べものをしていたら、「冷食の販売が百貨店から量販店に大きく転換する」という一文がありました(冷凍食品新聞社刊「冷凍食品物語」掲載年表:1977年より)。ああ、そうかぁと当時の状況を想像すると、スーパーでもプレミアムな冷凍食品が並び始めた頃。冷凍食品が身近になっていった時期です。身近なスーパーで買えるものを百貨店で扱う必要がない、ということになったようです。その後、スーパーでは、お弁当用商品が大ヒット、主流になっていきます。今再び、プレミアム冷凍食品が注目されるようになって、百貨店にブランドを冠した冷凍食品専門ショップが復活するなんて、、、、また新たな時代の幕開けを感じます。

余談その2。梅田の阪急といえば、日本初の市販冷凍食品「イチゴシャーベー」(戸畑冷蔵:現日本水産)が発売された店です。昭和6年(1931年)のことでした(開発されたのは前年の1930年)。ちょうど90年前!

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA