冷凍食品99品目!ミールキットを一気に15品、冷凍野菜10品発売 「無印良品 港南台バーズ」~‟食”の大型専門売場


昨年12月にオープンした有明店を上回る食品売場。良品計画は、5月14日、横浜市港南区のJR港南台駅前の「港南台バーズ」地下1階ー1階に、関東最大の売場面積(約1,548坪)となる「無印良品 港南台バーズ」をグランドオープンします(1階の衣料品・雑貨は4月22日に先行オープン)。
同店の冷凍食品売場は有明店よりリーチイン扉が2枚多く16扉。やはり無印最大の売場です。
無印良品の冷凍食品といえば、大人気が続く「キンパ(韓国風のりまき)」。

オープンに向けて扉2枚スペースにぎっしり!!!

「お一人さま3点まで」です。

同店オープンに合わせて発売されるのは、ミールキット15品と、カット野菜(ミックス野菜など)10品。アイスも4品発売。冷凍食品売場は99品の品揃えに。冷凍食品売場設置の店舗は84店目となります。

 

ミールキット15品です。いずれも税込350円。材料とソースがセットされていて、フライパンで凍ったまま調理を開始して10分で仕上がるようになっています。生の肉や魚を使用せず、安全、手軽に、すぐできる。さすがですね。各種ソテー、アクアパッツァ、アヒージョなど、一皿あると嬉しいメニューが揃っています。

「カット野菜」は、カレーの野菜、豚汁の野菜など、あると便利なものが揃っています。中でも!!

「緑の野菜」! ブロッコリー、スナップえんどう、ほうれん草、いんげんのミックスです。炒め物、スープ、料理の付け合わせなど、と書いてあるように、使い勝手の良い1品になることでしょう。

売場でお話をうかがった良品計画の食品部、鈴木美智子担当課長にお気に入りアイテムを選んでいただきました。ミールキットのイチオシは、「豚肉とカリフラワーのレモン煮」ですか! しっかり大きな輪切りレモンが入っているのがポイントとか。「ミールキットは、同じ手順で、冷凍のまま10分でできること、味のバリエーションにこだわりました」とのこと。確かに、冷蔵庫に移して解凍してから調理というキットもありますが、うっかり忘れてしまうこともありそう、ということで、そんな失敗もなく、いつも美味しく食べられるようにという配慮です。1品美味しかったら次々と試したくなり、15品もあったら嬉しいですね。

さて、「無印良品 港南台バーズ」は、「無印良品 イオンモール堺北花田」「無印良品 京都山科」に続く、食の大型専門売場設置店3店目。内覧会では、既存2店には無かった新空間、「キッチンカウンター」でデモンストレーションが行われました。

近隣で農園を営み、毎朝同店に朝採れ野菜を納める苅部(かるべ)弥生さん㊥をゲストに、キッチンカウンターを担当する前美和子さん㊨がトークセッション。苅部農園で栽培したにんじん「アロマレッド」を使った、にんじんラぺとにんじん葉のチヂミ風の調理が行われました。


キッチンカウンターという名前ですが、かなり広い四角いスペースです。

生産者と直接つながり、その日の食材で作る料理の動画を配信(Instagramで同時配信)、オリジナルレシピを公開します。
三品正洋店長です。「生産者と消費者、人と人をつなぎ合わせる場所でありたいと思います。毎日ご来店いただける店舗を目指します」

無印良品+クイーンズ伊勢丹(エムアイフードスタイル)、そして、鮮魚専門店の中島水産がパートナー企業として「協業」することも話題です。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA