• Home »
  • 冷凍食品業界ニュース »
  • 「食品冷凍技術懇談会」発足 鈴木徹先生が主宰、話題提供・解説する参加型ネットワーク:第2回は12月11日【参加募集中】

「食品冷凍技術懇談会」発足 鈴木徹先生が主宰、話題提供・解説する参加型ネットワーク:第2回は12月11日【参加募集中】

「食品冷凍技術懇談会」のキックオフセミナー(11月10日、Zoom)で講演する、食品冷凍学の権威、鈴木徹先生(東京海洋大学)です。テーマは「食品冷凍学概論~モノが凍るメカニズム」でした。初回は無料のオンライン講演会というご案内に、なんと申し込みは約190、当日も175人を超える業界の方々が聴講しました。食品冷凍の話題は時間制限なくいくらでも語れると自称される鈴木先生。当日も興味深い話題が満載、いくつかの課題も示して技術者、開発者の関心を呼ぶ内容でした。

内容は凍結の話なので硬い?かと思いきや、鈴木先生の持ち前の明るさ、おもしろさでこんな雰囲気で進みます。最後は参加者から山のように届いた質問に、先生がサクサクと回答したり、今後のテーマとして発言したりと進んで、90分あっという間に過ぎました。

今後、まずは月1回、テーマを設定したオンライン懇談会の開催を継続していきます。次回、第2回「食品冷凍技術懇談会」の開催は、12月11日(金)。

第2回 食品冷凍技術懇談会【家庭用冷凍庫と業務用凍結装置の違いとは!?】

↑申し込みはこちらから。参加費2000円、先着受付50名とのことですので、お早めに。

「冷凍食品のネクスト100年に向けて、食品冷凍技術の研究開発と美味しい冷凍食品の開発・普及に取り組む皆様のご参加を心よりお待ちしています」とのことです。

175人がつながっている会合の発信はディスタンスを保ち、某会議室から。食品冷凍技術懇談会並びにセミナー運営企業㈱テックデザインの主催。司会は、テックデザインの南谷社長です。冷凍食品エフエフプレスは協力企業として参画します。かつて、冷凍食品技術研究会という食品冷凍の技術・開発・品質管理関係者のネットワークがありましたが、解散して久しく、今回鈴木先生が立ち上がって頂いたことで、新たな形の業界のつながりが生まれると思うと嬉しい限り。エフエフプレスは広報活動で応援していきます。

 

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share