• Home »
  • 業務用冷凍食品 »
  • 鶏肉?のような食感、解凍してさまざまな調理に使える大豆ミート「earthmeat」(原田産業)

鶏肉?のような食感、解凍してさまざまな調理に使える大豆ミート「earthmeat」(原田産業)

機器・資材関連商品の出品が多かった「冷食JAPAN」(10月7日~9日、東京ビッグサイト青海展示棟)会場で、食品の出展はひときわ目を引きました。写真のブースは、オランダからの輸入大豆ミートをPRする総合商社、原田産業です。「earthmeat®(アースミート)」と名付けた新商品は、大豆原料の肉のような食感を提供できる冷凍新素材。アースミートのウェブサイト

大豆ミートの主流は、乾燥品を湯戻しして使用するタイプですが、これは冷凍素材なので解凍するだけでつかうことができます。しかも見た目が肉(鶏肉?)のような形。茹でてサラダのトッピングに、野菜とソテー、パン粉を付けて揚げてカツのようなメニューも作れます。

「earthmeat」は、原田産業のフードマテリアルチームが今年春から提案している食材で、販売先は主にベジタリアンメニューを扱う外食店需要を想定しています。

大豆ミートは、ベジタリアン、ヴィーガンなど菜食主義者向けが主な需要と言われてきましたが、高たんぱく、低脂肪、低カロリーなので、たまには肉抜きという「フレキシタリアン」向けの食品としても近年は注目されています。加えて「earthmeat」は食物繊維も豊富。若い女性ターゲットのメニューとしても活躍しそうです。

 

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share