食のセレクトショップ「グラホ」の岩城紀子社長は至高の冷凍食品の開発隊長


5月21日に放送された「カンブリア宮殿」で注目を集めたスマイルサークル岩城紀子社長の著書、「裏を見て「おいしい」を買う習慣」(主婦の友社刊)。発刊となりました。

裏を見てって裏表紙ではなく、つまり、良いものを作っている生産者を見極めて買うことで、良いものが消えてしまわないように応援しましょう、ということです。「買い物は投票です」(岩城社長)。
スマイルサークルが経営する「グランドフードホール(グラホ)」(芦屋、六本木ヒルズ)は、岩城社長が「一番」と判定した食品だけが並ぶ食のセレクトショップです。本書にはおいしいものを追求する理由が、からだのため、食産業のため、社会のため、未来のためにであると、きちんと書かれていています。ぜひご一読を。
冷凍食品については、「冷凍食品は添加物無しで作れる」「日本最高峰のものを作ろう」とSL Creations (エスエルクリエイションズ)佐藤健社長と意気投合した話、至高の冷凍食品「Z’s MENU」の『開発隊長』になって一番のおいしさを追求していった話が記されています。
Z’s MENUグラホで大人気

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share