六本木ヒルズ内「グランドフードホール」の冷凍食品拡充! SLCreationsの定番品揃え+究極の冷凍食品『Z’s MENU』新発売 

六本木ヒルズのG階(毛利庭園の裏)にある、ハイソなグローサラント(食品販売と飲食混合のお店)「GRAND・FOOD・HALL!(グランドフードホール、略して「グラホ」)」の冷凍食品売場が3月下旬に拡張され、シュガーレディ改めSL Creations(エスエルクリエイションズ)のこだわり冷凍食品の中から選りすぐった定番商品がいつでも購入できる売場ができました。

指定添加物無添加、遺伝子組換え食品を使用しないなど、安全・安心を追求した冷凍食品の宅配企業による新チャレンジです。二子玉川のアンテナショップを閉めて、都心の同店内に売場を移しました。

充実した品揃えの冷凍野菜はオーガニック商品を中心に早くも動いているようです。

「グラホ」は、六本木店の他、芦屋店(兵庫県芦屋市東山町)があります。芦屋店のZ’s MENU販売開始は、2020年5月14日から。ホールマネージャー土橋純子(つちはし・じゅんこ)店長(㈱グランドフードホール 六本木店ホールマネージャー)に、お話をうかがいました。六本木店にSLCreations商品を品揃えするにあたり、全て試食ずみとのこと。

政府の緊急事態宣言以降、六本木ヒルズのショップは食料品店を除いて閉店、店内はすこし静かな雰囲気ですが、地元の方々は行き来しています。イートインで食事をしている方も。

「ご家庭にお子さんがいらっしゃるので、ピラフなどのごはん類、ライスバーガーなどが売れています」と土橋店長。冷凍食品売場には従来から全国各地の選りすぐった名品を揃えていて、さらにSLC商品により商品の幅が広がって大いに期待。「野菜類が良いですね。私が気に入っているのはかぼちゃです」と店長。

「北の大地の栗かぼちゃ」、美味しいですよね。

「春巻も少ない油で美味しく出来上がります。便利ですね」と店長。

今週からは、SL Creationsが究極の冷凍食品をコンセプトに開発を進めてきた「Z’s MENU(ジーズメニュー)」の販売もスタートしました。

「ハンバーグ、ロールキャベツが人気です」と店長。

この環境下で早くも動きが出始めているとは、さすが六本木ヒルズ。

Z’s MENU ラインナップ

Z’sとは、XYZ、これ以上ないという意味。確かに、最高級。同シリーズに使用されているお肉は、FOUR X MEAT(フォー・エックス・ミート=SLミート:旧シュガーミート)。

Xとは使わないという意味で、抗生物質、治療用化学薬品、遺伝子組換え飼料、ホルモン剤を使わずに育てた安全安心のお肉です。お肉そのものの年間契約販売に加えて、4Xミートを使った加工食品を開発しました。価格ももちろん究極ですが、品質、美味しさに大満足できる逸品ばかりです。

スポンサードリンク

オランダ農業振興会
株式会社 明治
日清フーズ
マルハニチロ
ブレジュ 公式 オンラインショップ
ライフフーズ株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA