• Home »
  • 冷凍食品新商品 »
  • なんという幸せな食感♪「マルちゃん もっちりした太麺の焼うどん 醤油味」「おつまめ えだまめ」も好評~

なんという幸せな食感♪「マルちゃん もっちりした太麺の焼うどん 醤油味」「おつまめ えだまめ」も好評~

マルちゃん(東洋水産)の家庭用冷凍食品といえば、『焼そばソース味』!が一番人気なのですが、2020年春、ちょっと認識が変わるかも、という新商品の登場です。

これ♪ 「マルちゃん もっちりした太麺の焼うどん 醤油味」(330g)です。なんだ、知ってるよ~というマニアの皆様、いえいえ、昨年秋発売された商品なのですが、今回のリニューアルで全く違う商品に生まれ変わりました。『食べごたえのある麺に改良』とニュースリリースは伝えていますが、、、、麺の食感ががらりと変わりました。いわば“幸せな食感”に。つまり、新開発の「多加水」×「太麺」による、モチモチ~なのです。商品名にある「もっちりした」だけでは、これは表現しきれない(う~ん、百聞は一食にしかず、ぜひ食べて頂きたい)。だしのきいた(うるめいわし・さば節・宗田かつお節・いわしの削り節)醤油味も相まって、「かつてのあなたとは違う、いきなりのイケメン」なのです。

「実は、チルドの焼うどんは東日本で6割配荷(店頭カバー)の定番人気。冷凍焼うどんも人気商品にしたいですね。コシではない『弾力』、を感じてください」(冷食企画課の川上さん)と意欲溢れる注力商品です。

刷新新発売に併せて、新メニューも出ました。

「マルちゃん もっちりした太麺の焼うどん ねぎ塩豚カルビ」(330g)です。夏向けのねぎ塩味。ブラックペッパーが効いています。

そして、バイヤー注目の新商品。

枝豆の新ジャンル「おつまめ えだまめ」2品。「マルちゃん おつまめ えだまめ わさび風味」(130g)と「マルちゃん おつまめ えだまめ くんせい風味」(130g)です。流水解凍もしくは自然解凍でOK。ツーンと香るわさび風味と燻製の薫りがおしゃれなくんせい風味。ビールもいいですが、ウイスキーにも合います。

味付のえだまめ?と顔をしかめた方、世界各国では、塩ゆでばかりでなく、ピリ辛やニンニクなど味を付けたえだまめが大人気です。実は家庭用では新商品ですが、マルちゃんでは既に業務用商品で発売済み。しかも居酒屋ではなくちょっとおしゃれなバーのカウンターで人気のおつまみになっていたりする実力派商品なのです。

「おつまみ」ではなく「おつまめ」

「家庭用に食べきりサイズで発売しよう、ということになって、商品名は『大人の枝豆』にと会議で提案したら、即、却下。夕方までに街をリサーチしながら、37個の名前を考えて提出した中のひとつが『おつまめ』でした」(冷食企画課・泉尾さん)

開発秘話というか、意外にあっさり、1日で楽しいネーミングが決まった、という話。

もうひとつ、これは既にエフエフプレスでご紹介ずみですが、


「ライスバーガー」の新商品、「マルちゃん ライスバーガー 豚肉麻辣味」(120g)。
マルちゃん ライスバーガー 麻辣味
マルちゃんライスバーガーは、「牛カルビ」「焼肉」が定番売れ筋上位。続いて「チーズ牛丼の味」が人気上昇中です。

ライスバーガーは、マクドナルドの新夕食メニューに採用されて、認知度、注目度がググっと上がっています。「米飯類が注目を集めているこの機会に、ぜひアピールしていきたい」と語るのは、金田課長代理。

マルちゃん・東洋水産本社にて。写真は左から、川上さん、金田課長代理、泉尾さん。ありがとうございました。

 

 

 

 

There are 2 Comments.

  1. 安岡美鈴
    3:10 午後 2020年6月23日

    まるちゃんの冷凍焼きそばが 大好きです!
    ところが、最近イオンさんに置いてなくて…
    そのスペースに代わりに置いていた焼きうどんを購入してみました。
    きっと、美味しいんだろうな~
    と、思って食したところ…
    はっきり言って美味しくない。
    味が薄すぎ、麺ばかり強調されて バランスが悪い。
    もっと焦がし醤油感とかあれば?って思いました。
    捨てるのももったいないのでソースかけて食べました(T_T)
    関西人だからかなぁ?
    焼きそば買いたい!

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share