「おいしい!」 大好評だった冷凍食品試食(スーパーマーケットトレードショー)

家庭用冷凍食品の試食、惣菜売場向けの業務用冷凍食品の試食、いずれも「おいしい!」「いいね!」といった声をたくさん聞いたスーパーマーケットトレードショー2020」(2月12日~14日、幕張メッセ)の会場。注目のブースをご紹介します。

ニップン(日本製粉)ブースでは、プレミアムパスタ・ソースシリーズ「REGALO(レガーロ)」PRコーナー。斎藤工さんのCMやメッセージが流れ、冷凍食品の新商品「REGALO 濃厚ラグーソース」の試食を実施。噛み応えのあるショートパスタ、リガトーニを使用した紙容器入りのパスタメニューです。「おいしい!えっ?冷凍食品?」「リガトーニは最近売れてきてますね」といったバイヤーの声が聞こえてきました。春からは、斎藤工さん出演CMの最後に、冷凍食品の商品画像も映るそうです。

自然解凍で食べられる! ㈱アスクの「ベジ―マリア」ブランド冷凍野菜新シリーズ。かぼちゃ・カット(250g)、揚げなす(250g)、グリル野菜ミックス(130g)。以上ベトナム産。

ほうれん草(250g、ベトナム産)、グリーンアスパラガス・カット(120g、ペルー産)。いずれも味わい、食感が良い製品。

日本ハムグループの日本ハム冷凍食品は「中華の鉄人 陳建一」シリーズから、甘酢肉団子、国産豚の四川焼売を試食提供。「陳建一なら食べなくちゃ」といった声も聞こえてきました。発売23年、シリーズ販促で売上アップ! 中でも昨年は甘酢肉団子が人気だったそうです。

米国ポテト協会をはさんで、ラムウエストンとシンプロットの展示・試食提案。

「ポテトde惣菜」メニューの数々。時間が経ってもヘタれない、食感がカリサク、中がホクホクのポテトで実現します。

ジェーシー・コムサブースでは、リトアニアから輸入する「MANTINGA(マンティンガ)」の焼成済み冷凍パン各種をPR。目を引いたのは、カラフルなクロワッサン。

グルテンフリー、シード(種)原料のパンも新提案です。

中間流通大手もいろいろ試食提案。

三菱食品の糖質コントロール食品シリーズ「からだシフト」。

冷凍食品では、餃子、焼売、うどん、ピザ、おにぎり、お好み焼などなど。いずれも糖質が気になるメニューで「糖質オフ」を提供してくれる、ありがたいシリーズ。

日本アクセスの「Delcy(デルシー)」ブランド冷凍野菜・冷凍フルーツ。

昨年の新商品「カットレモン」のサイダー割りが『おいシー』。パネルの「シー活」提案は、新シリーズ「からだスマイル」のPRです。からだにいいものを積極的に、おいしく摂りましょうというシリーズです。

地域ネットワークをアピールしたトモシアホールディングス。「にっぽん問屋」と掲げました。

全国各地からの出展をあつめた会場、こだわり食品(9-11ホール)も連日の賑わい。

長野県・安曇野に工場を持つ、日本冷凍食品㈱のブースを訪問しました。プロが作る本物の中華。しかも『無添加』をポリシーとするモノづくり。ファン層が広がっています。

 

コメントを残す Comment

*

CAPTCHA


Share